美容室開業時加入する火災保険とは

これは美容室に限った話ではないが、店舗立上げ開業する際には

火災保険(家財保険)に加入する必要がある。

こうした保険の多くは不動産屋が入居契約の際、保険会社を指定してくるケースがほとんどで、保険会社の提案通りに契約を結ぶことだろう。

例えば、
車を購入する時、誰でも常識のごとく任意保険に入ることだろう。
自分が事故を起こした際に被害相当額を保険会社が代わりに払ってもらえるように備えるわけだ。

店舗の火災保険もこれと同じ様な基準で捉えておくとわかりやすいだろう。

 

車を買うなら必ず任意保険!
これと同じく、
店舗を開業したら火災保険!

こういうものだと考えておくべきだ。
店舗を開業し、運営をしてゆく中で、仮に自分の店から火を出してしまい、
両隣の店舗、または上階までをも全焼させるような被害がをおよぼしてしまった際、

その全被害分を保証できなければ意味がない。

あるいは、仮に自店のみの被害で済んだとしても、自損してしまった店舗をのすべて元通りに再生できうるだけの保証の保険をかけておかなければならない。

□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□

そして最大の注意すべきところで、
特に不動産業者指定の保険会社の場合にありがちなのが、

保険会社から提案される保険の規模が、1000万円まで、

あるいはそれ以下の保証など、いたって想定で組まれてしまうことが多々あるのだ。

 

こうした店舗の火災保険の加入は、

店舗工事の前に契約するケースが多く、

実際に店舗完成時にかかってしまった最終総額以下の保険であることが問題なのだ。

もしも、最終的に自分が払う店舗工事総額はもちろん、店舗用に購入した美容機器、買付家具や備品類など、これらかかってしまったすべての額面が

あらかじめ保険をかけた保証1000万円を超えてしまっていたとしたら、

もしも何らかの事故や被害があったときにはすべてを再生させることができないということになる。

開業者はこのことを事前に理解しておき、

店舗完成時にあらためて保険の保証内容を再チェックし、

もし保証額が足りていないようであれば、

その段階で追加して保証を大きくするなり、

何らかの見直しが重要だということだ。

□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□

当ブログ連動・無料メルマガ【ヘアサロン開業10年後の健全な経営への道】

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事

ページ上部へ戻る