会社概要・アクセスマップ Company & Access

会社概要

社名 有限会社 ビーエイチ
設立 2000年7月19日
所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-16-6-102
代表者 飯島由敬 YOHIHIRO IIJIMA
TEL 03-5774-6583
FAX 03-5774-6587
事業内容
  • 店舗開業プロデュース業(美容室、理容室、飲食業、物販業ほか)
  • 店舗デザイン設計業(美容室、理容室、飲食業、物販業ほか)
  • 建築設計業(店舗付住宅、施設設計ほか)
  • マンションリフォーム、リノベーション
  • グラフィックデザイン
  • HP制作
  • 開業のための各種セミナー
  • 開業のための事業計画診断・カウンセリングetc.

アクセスマップ

bhの風景

  • bhの風景

    bhのオフィスは10坪の小さな空間です。オフィスというよりアトリエっていう感じです。だって飯島1名のみの会社なのだからそんなにだだっ広いスペースは必要ありませんからね。いつもこうして大きめのテーブルと大きなモニターTVを前にしてに向かい合い、家庭教師のような身近な関係でオーナーさんの夢や希望を聞いております。

  • bhの風景

    bhの自慢できること、それは開業して何年経過しても定期的に開業オーナーさんが遊びに訪ねてきてくれる事。まるで卒業した生徒が先生のところに卒業後も訪ねてくるような感じです。2000年にbhが創業して以来続いているbhの風物詩のような光景。bh創業時に“そうありたい”と切に願っていた事でした。実現できていて最高です。

  • bhの風景

    セミナー、レクチャー、事業計画診断、そしてプロデュースもすべてこの小さな空間で繰り広げられます。空間が狭い分だけより近くすべての交流は常に作戦会議のように進行していきます。アカデミーとは学校、まさにbhは学校を目指して起業しました。でも、むしろ学校というよりも“塾”とか“ゼミ”の方がピンとくるという方が多いです。

bhという屋号の由来

bhの前身会社は有限会社バルヘッドといいます。(いまも別会社として活躍中)バルのb、ヘッドのhです。
そのバルヘッドという名前をつけたときのエピソードを紹介します。
バルヘッドは当時共同出資パートナーと2人の共同経営で起こした店舗デザイン事務所でした。
その際、屋号については、あれこれ二人で悩んだものでしたが、音象にインパクトがあり、力強い印象を求めてあれこれアイディアを出し合っていたのですが、たまたまこんなきっかけで有力候補が上がりました。
当時は、お互いに薄毛を気にしていて(まぁ、今もだが…)それがちょっとコンプレックスだったのです。
そのコンプレックスさえ乗り越えていこうという意識から、"ハゲあたま"を英語で言うとどうなるのかを調べてみたのです。
すると"ボールヘッド"でした。別の意味では、「かざりっけのない才能」とか「あるがままの才能」みたいな意味も含んでました。これ、響きもいいし、力強いじゃん。ってなわけで、その線でいってみようということになりました。
しかし、店舗デザイン事務所という職種柄、もしかしたら、未来には外人さんの仕事するかもしれない。もしも、その外人さんが"ボールヘッド"だったら、怒っちゃうかも…そんな心配がよぎったわけです。
そこでちょっとだけひねって"バルヘッド"という修正案が出たわけです。
その後、バルとヘッドにわけて、それぞれにいろいろな意味を込めてみました。

バル……………イタリアのバールbar(人が集まるところ)………人が集まる会社にしたい

バルシート……経理用語のバランスシートの略……………………双方のバランス追及

ヘッド…………あたま(社長、リーダー、トップ)…………………2人の共同経営

ヘッド…………才能、頭脳、アイディア

そして最終形は才能のバランス。常に2人3脚的なコンセプトを注入したわけです。
しかし、本当の語源といえば、やっぱり、弱いところ(コンプレックス)を乗り越えるという意味合いが原点です。
会社経営も5年を迎えたころ、それぞれの道を分かち、お互い独立採算で再出発をした経緯があるのですが、
bhとはその"バルヘッド"お~っと、違ったボールヘッドの略でビーエイチというわけです。

bh(ボールヘッド)= 飯島由敬

とにかく何をすべきかわからない方は無料相談へ

どんなことでも相談可能。時間の都合でセミナー等の専門知識や詳細アドバイスまで伝えきれません。ですが必ず解決のヒントや悩みを解消します。有料のセミナーを検討する前にまずは無料相談をご利用ください。

まずは無料相談へ