10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

開業者様の声

神奈川県・座間美容室 lilum

オーナー岡山文宏さんの声

店舗情報

lilum

美容室

神奈川県・座間

オーナー岡山文宏さん

神奈川県座間市緑ヶ丘1-15-1 スウェルパーク1F

https://lilum-hair.com/
オープン
2020年1月6日
店舗面積
10.5坪

座間・相武台前美容室 lilum 開業1周年時・オーナー岡山文宏さんインタビュー

 

2020年1月6日のオープンから1周年を迎えたlilum。想像していなかった2020年のコロナ禍・・・この混乱の年が開業初年度となったわけですが、実際の運営事情・・・計画当時を振り返って・・・オーナー岡山文宏さんへ現時点の心境を伺ったインタビューです。


まずbhを知った方法と選んだ理由を教えて下さい。

はい、僕の場合、普通にGoogleでの検索でした。大手の開業サポートの会社などを調べるためにホームページで色々探していたんです。bhさん以外の会社も色々チェックしました。でも、なんとなく開業のサポート費用が安すぎたりで、なんか逆にちょっと不安というか、ピンとこなかったんです。さらに色々探しているうちにbhのホームページに辿り着きました。bhのホームページの内容は、他の会社と比較すると全然違うなと、やっぱり内容がかなりしっかりしていたので、まずは直接話を聞いてみたいなと思いました。

 

最初のコンタクトは「決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー」でしたか?それとも「無料相談」でしたか?

僕の場合は、妻と一緒に無料相談にいきました。

 

なぜセミナーでなく、無料相談を選んだのですか?

最初は、そんなセミナーなんて必要無いんじゃないかと思っていました。当時、美容師の友人からの意見も色々聞いていたんですが、「飯島さんみたいな専門家のサポートなんか一切不要で、融資なども最小限、できれば融資無しで可能なかぎりお金をかけずに、期間も最短で進めるのが正しい進め方だ」とよく聞かされていましたから。でも無料相談で飯島さんの話を伺って考え方が変わって、そのまま事前プロデュース(現在のレクチャー&コンサルティング)を申し込むことにしました。

 

事前プロデュースの料金に関して、高額だと思いませんでしたか?

そうですね、まぁ高いなぁとは思いましたけど・・・そこはしっかり妻とも話し合って決めました。僕はかなり心配性な方なので、ぜひとも飯島さんの力を借りたいと思っていたんですけど。妻はあまり賛成ではなく難色を示していました。(隣にいる奥様に)だよね?・・・※奥様(笑)
妻は、そこにかける費用としては、ちょっと掛けすぎじゃないか?という意見でした。最終的には僕が押し切った形でした(笑)・・・※奥様(笑)

 

飯島の印象として岡山さんは事前プロデュースまでがご希望で、フルプロデュースはご希望じゃないと感じたようですが・・・

ああ、そうでしたかね(笑)確か、僕たち、フルプロデュースをお願いしたいって発言したのが遅かったでしたっけ?そういえば、正式にお願いしたい。と飯島さんに伝えた時、え?そうなの?っていう感じでしたね(笑)・・・※奥様共々(笑)
でも、僕は事前プロデュースの中盤ぐらいではお願いしたいと思っていたんですけどね。確かに最初のうちはフルプロデュースまでは考えていませんでしたけど、色々学んでいくうちに、「あ、こんなにやることいっぱいあるんだ・・・」と思って、これを自分たちだけで1つ1つ消化していく事って絶対に無理だな、と思ったことが一番の理由です。

 

今、1年以上前の開業計画時を振り返って、その頃抱いた不安はプロデュースを通して解消されていましたか?

はい!飯島さんがセッティングしてくれたところに乗っかるだけという感じだったので。常に「次回までは必ずコレをやっておくように」という感じで、毎回宿題みたいな・・・自分がやるべきことをその都度、指示してくれましたから。なにより頭が整理しやすかったです。その頭の整理ができたことによってほとんどストレス無く進められたという実感はあります。開業までのプロセスを振り返るとすべてにおいて、段階というものがあったと思うんです。たぶん自分がやるとなると、順番がまるで分からず同時に考えちゃったり、進めちゃったりしちゃったと思うんです。絶対に順番間違いをしたと思います。なので、その部分がすごく安心感でしたね。

 

飯島からの見え方として、岡山さんは開業計画中、非常に沈着冷静な行動をする人に見えたようですが、実際はどうでしたか?

実は事前プロデュースの最中に飯島さんの著書「美容室が10年後も変わらずに運営できているかどうかはすべて開業時に決まる!」を購入して読んでいたんです。事前プロデュースで学んだことと同時に復習用の本として、すごく役に立ったんです。なので、フルプロデュースに移行してからも本の内容が常に頭に入っていたので、そんなに慌てたりパニックしたりが無かったんだと思います。

 

参考:飯島由敬著書「美容室が10年後も変わらずに運営できているかどうかはすべて開業時に決まる!」

→書籍版
 
→Kindle版

 

もしフルプロデュース無しでの開業だったらどうなっていたと思う?

もちろんフルプロデュースでなく、事前プロデュースだけでも非常に有益な教えを頂けましたから出店自体は実現できたと思います。でも、まず間違いなく、今この理想的な店舗の形にはなっていなかった様な気がします。お金の面に関しても、この1年間、結構綱渡りだったように思えます。まさかの開業直後のコロナ禍でしたし。飯島さんからの指導でしっかり確保した運転資金、余剰金のお陰で心配も最小限にできたと思います。おそらく飯島さんと出会わなかったら、先程お話した友人のアドバイスを鵜呑みにして、融資もせず自分のお金だけで実現可能なお店にしていたと思いますからね。おそらくお金は全然足りなくなって、今こうしていられなかったかもしれません。飯島さんの教えに従い、借りておくべき額面を含め、融資はしておいて本当に良かったと思います。

 

岡山さんは開業から1年間はコロナ禍という厳しい状況に見舞われ、かなり辛かったのでは?

飯島さんの教えでは誰であっても、どんな開業でも最初の1年間は大変であり、運営が軌道に乗るまではとても厳しい、ということは理解していました。たしかに、正直コロナが始まった頃は、一体どうなるんだろう?ととても不安に思いました。ところが、思っていたより心を揺らされずに済んだと言いますか・・・順調といえるかどうかわかりませんが、ありがたいことに今でもお客様は徐々に増えているんです。コロナ禍になったことにより、店内に人数が多くなるような大型店、中型店が不安ということで、密を避けるためにウチのような小さな店に切り替える事を目的に来たお客様が多く、他店からけっこうウチに流れて来たんです。そしてそのままリピーターになっていただいて、今でも来店していただいているんです。あと、何度も言いますが、やっぱりお金の面が一番安心でした。余剰金がしっかり残せていたので、とにかく精神状態を平穏に保てたなと・・・今思うと、開業に必要な資金のみ最小限で計画を進めていたら、おそらくお金を全部使い果たした状態でオープンしていたでしょうね。それを思うと本当にゾッとします。

 

今後の未来の開業者さんへbh飯島由敬をオススメしますか?

僕らも最初は高額な費用がかかることに戸惑いはありましたけれど、実際に開業を一緒にさせていただき、さらに開業から1年後の今、当時を振り返って見ても・・・僕的にはやっぱり飯島さんをおすすめします。僕にとって、すべては安定した経営をしていくという状況を作り出すために絶対に必要な人物でした。物件探しの基準もそうですし、お金の面(融資)のこととか、中でも資金調達ではどこを頼るべきか・・・いくら借りるべきか・・・絶対に導入すべきではない決して手を出してはいけない方法とか・・・とにかくすべてにおいて、細かいところまで知識を持つことが重要だなと思いますね。仮にコロナじゃなかったとしても開業後の1年間の運営は誰でも思うように手応えが得られず、なかなか大変だという事に関しても、やっぱり事前に得ていた「知識」の一つでしたし。事前に学んだ知識をあってこそ、今、比較的に平穏でいられたのだと思えますね。また、フルプロデュースに関しても、確かにさらにお金がかかることでしたけど、今、振り返って考えても、知識だけでどれだけ自力で進められたかはとても疑問です。物件探し、お金の借入、不動産屋との交渉事、店舗設計、工事会社の相見積、販促物の手配、ホームページとか、やっぱり僕一人でこれを全部完璧にこなすのは無理だったと思います。飯島さんが全部ガイドしてくれたので自分たちはそこに乗っかるだけでしたから。もちろん乗るだけとはいえ、やることは大変でしたけど、やっぱり不安が無かったというのがとても大きかったです。

総合的に判断しても結果的には大きな出費だったという感覚はありません。飯島さんがサポートした過去の開業者さんたちもおっしゃるように、bhさんに掛かった費用以上の損出を招いた可能性は非常に高かったと思いますし、僕的には後悔はありません。満足しています。

 


【lilum】実例写真を見る