10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

開業初年度、旧職場の給与基準が運営の成長を阻む危険性のお話しています!〜いよいよ開業10ヶ月目・浦和理容店MOLGECO開業後8回目コンサル

【開業後のプロデュース対応】どの開業者さんも開業した初年度、過去の給与基準が運営成長を妨げることに繋がる危険性を持っています。まず開業したらこの金銭感覚を大きく変えていくための意識改革がとても重要となるのですが、これって開業オーナー自身ではなかなか難しいトレーニングですよね。だからこそそれを導く為、飯島がコーチングしていくのです。今回はそんな従業員の時と経営者になった時の金銭的な基準にまつわるお話をしています。〜浦和理容室・MOLGECO(モルジェコ)開業後8回目のコンサル・セッションでした。


昨年2020年11月25日に開業した浦和メンズ専用サロンの理容室MOLGECOも、開業1周年まであと2ヶ月というところまできました。

 

メンズ専用のサロンは売上面では安定ラインに達するまで一般の理美容室よりやや時間がかかるという話を何度もしてきました。MOLGECOも例外ではなく、まさに目標売上に達するまでやや時間を要している運営の渦中にいます。

 

とはいえオーナー張元さんは、すでに開業前の給与額を超えた報酬を獲得できているレベルまで達しています。これはこれで非常に立派な歩みと言えます。

 

ただ、飯島の監修下で開業したサロンに課している目標値ですが、単純に退職前に勤務していた旧職場の給与以上の報酬を得る。これは最低限の通過点でしかありません。

 

しかも、できる限り開業半年時点までに今までの給与の2倍を獲得することを前提に作戦を練り、いろいろ試行錯誤する1年間を共にします。

 

過去のメンズオンリーサロンの傾向ですが、やや特殊業種となることもあり、半年地点で2倍をクリアーするのがやや難しく、場合によっては開業1年の段階でようやく2倍に達するか、あるいはもう少し期間を要してしまうことも少なくありません。

 

しかし業種事情はさておき毎回、開業計画立案段階でオーナーと飯島の共有目標として半年後2倍の報酬獲得を掲げるのです。

 

例えば開業者さんが、旧職場で額面40万円の給与を得ていたとしましょう。そして仮に開業後に50万円の報酬を得られるようになったとします。実はこの段階で歩みを止めてしまう場合があり得ます。

 

「今までの給与より10万円多く取れるようになった!これって、まずまずの成果だよな」という慢心をつい抱きがちなのです。これは独立開業においては非常に落とし穴となりがちな心模様といえます。

 

今までは従業員として働き、日々の労働の対価として報酬を得てきた習慣から開業を機に、この労働料と報酬額のバランスは一気に変化します。もし開業初年度の早い段階で幸運にも順調な運営路線に乗ったとしたら、開業者には一種の錯覚のような感覚が去来します。

 

前の店より労働量はかなり減らせた。なのに報酬は良くなった。

 

この体感の変化に開業したてのオーナーは「成功」と捉えてしまいます。

場合によっては、この10万円の報酬アップがそのまま習慣化してしまうという危険性なのです。

 

なぜ飯島が開業後、半年以内に報酬2倍を前提にした計画をガイドするかです。

まず、独立開業という大事業は多大なる借金を伴い、店舗、理美容機器ほか、千万単位の大きな買物をした上で始まる経営です。

 

仮に総額1500万円の投資額となる開業計画なら、マイナス1500万円がやがてプラスに切り替わるまでは、実際の利益が出ていないのです。

 

前述の例、40万円の給与を得ていた開業オーナーさんが、仮に50万円得られたとしましょう。もちろんこれは10万円の実利益となりますが、もしもこの調子のままで、さらなる高みを目指す歩みを止めてしまったとしたら、先に投資した1500万円がプラスに切り替わるまで単純計算で150ヶ月要するということになります。これでは10年以上真の利益が出せない計算です。

 

とても簡単な計算と思えるでしょうけれど、このあたりを多くの開業オーナーさんは理解できていません。開業して運営が始まったら、単純に今までの給与より報酬額が上がっただけではダメなんです。『報酬は格段に上げる!』必要があるのです。それもできるだけ早い段階でです。

 

飯島がこうして開業オーナーさんに付き添って毎月目標を常に更新しながら管理しているかと言うと、開業オーナーがあらかじめ持っている “過去の給与基準”の書き換えを促す為なのです。

 

前述した例でいえば、40万円の給与だったオーナーが、開業総額1500万円を投じて立ち上げた事業です。仮に早い段階から2倍の報酬80万円を最低基準にして売り上げ続けたとしても38ヶ月(3年と3ヶ月)まで本当のプラスが出ません。

 

いかがでしょう?この基準を一旦インプットすると、仮に2倍に達しても報酬は足りないなぁと思えてくるでしょ?

 

従業員生活を送ってきた今までと、開業して経営者に切り替わったばかりの開業1年目は、こうしたオーナーさん自身の“金銭感覚”が報酬拡張を少なからず邪魔します。

 

要するに開業したら、結構ブッちぎっていかなければならないということ。

 

もちろん開業オーナーさんは、人それぞれ今までの旧職場の報酬は異なります。給与20万円だった人もいれば、60万円だった人もいますよね。

 

おわかりいただけると思いますが、すべての計画は皆同じ収支サイクルにはなりません。

 

経営が始まり、月間売上が100万未満でも報酬を50万以上得られる計画もあれば、300万以上売り上げても報酬が30万円に達しないという運営サイクルもあります。

 

よくちまたで、売上◯◯万円!という数字だけで凄い!と評価されがちですが、実際の経営感覚は売上額ではなく利益率です。どれだけ効率的に利益を得られているかが重要なのです。

 

あ、ちなみに誤解がないように・・・先程から何度も例にさせていただきました今までの報酬40万円というのは、決してMOLGECOオーナー張元さんの過去の職場の実報酬額ではありません。あくまで例えとして表した額面ね。

 

ただ、張元さんの場合は一般の理容師さんの平均報酬よりやや高額の報酬を得てきた優秀な人とだけ言っておきますね。それゆえ、張元さんの場合、軌道に乗るまでやや時間を要するメンズオンリーというスタイルによるところもありますが、過去の報酬額より2倍にする目標は、もともとややハードル高めの設定であることを付け加えておきます。

 

とはいえ、開業当初はやや尻込み気味だった張元さんご夫婦も、飯島の課す目標設定に対し今は普通に受け入れてコミットしています。実際のところ報酬2倍まで、ほんのあと一歩なのです。9月末の結果ではすでに1.5倍を超えているのですから、運営自体は順調といえるんですけどね、飯島との共有目標まで、あともう一歩ということです。

 

しかしながら、張元さんご夫婦と共有している長期的な目標を視野に入れると、単純に1年目を通過して運営を軌道に乗せるのが終点ではありません。

 

実は数年かけてのさらなるステップアップを前提とした大きな目標も共有しています。なので2倍の報酬はあくまでもマラソンでいうところの給水ポイント程度でしかないんです。

 

こうして現段階の売上に慢心させないため、飯島は毎月目標を絶妙にすり上げたり、無謀となりそうであれば若干トーンダウンを促したり、状況に応じ、目標は常に、毎月変動させながら更新します。特に7〜9月はコロナの混乱でMOLGECOに限らず目標の見直しは柔軟に設定変更したものでした。

 

さて開業から1周年まで2ヶ月となったMOLGECOの10月の目標はいかに?

 

実は飯島は、ちょっとターボかけた高めの目標を張元さんご夫婦に課しました。この目標を達成したら一気に脱皮となるぐらい、おそらくお二人は別人になるかもしれません。

 

経営ってアスリート育成と非常に似ています。本業のコンサルティングとは別に、武術のインストラクターという側面を持つ飯島のコーチングメソッドは、本業でも非常に役に立っている気がします。

 

ということで、来月の運営状況の結果が実に楽しみです。

 

 

 

◯8/23開業後7回目のセッション時の記事

https://www.b—h.com/news/210823-molgeco-consulting-7/

 

◯7/6開業後6回目のセッション時の記事

https://www.b—h.com/news/210706-molgeco-consulting-6/

 

◯6/8開業後5回目のセッション時の記事

https://www.b—h.com/news/210608-molgeco-consulting-5/

 

◯5/13開業後4回目のセッション時の記事

https://www.b—h.com/news/210513-molgeco-consulting-4/

 

◯4/6開業後3回目のセッション時の記事

https://www.b—h.com/news/210406-molgeco-consulting-3/

 

◯3/3開業後2回目のセッション時の記事

https://www.b—h.com/news/210303-molgeco/

 

◯2/3前回1回目のセッション時の記事
https://www.b—h.com/news/210203-molgeco/

 
※当コラムやブログでは、コンサル中またはプロデュース中のすべての計画をご紹介しているわけではありません。
あくまでも投稿の許可を頂いた開業オーナーさんのみ記事としてご紹介させていただいております。

 

◇MOLGECOの作品ページ
https://www.b—h.com/case/molgeco/

 

◇【MOLGECOオーナー張元維軒さん、梨恵さんご夫婦の声】

 


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。