10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

開業初年度の注意点、とにかく焦らないこと!体調管理の重要性!〜土呂美容室 malun開業後5ヶ月目のコンサル

【開業後のプロデュース対応】土呂の美容室 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)開業後のコンサルティング5回目〜オーナー鈴木さん、6月中旬以降、頑張りすぎが祟り、体調崩してしまったとか・・・これ非常に重要な開業初年度に気をつけるべきこと!

2月13日の開業初期段階から好調な運営リズムの土呂美容室 hair+malunも開業してから早くも5ヶ月が経過。

 

年明けから蔓延防止、緊急事態宣言というコロナの影響をまともに食らうことなく、非常順調な運営で、売上も上々なのだが、開業したての初心者経営者にありがちな、しかも職人肌の美容師さん特有の気質も手伝ってか、相変わらずオーナー鈴木信行さんは「もっとやれるはず、もっと頑張らないと・・・」という自身を奮い立たせる自らの性分に戸惑いを隠せません。これには、開業当初から飯島は何度も警鐘を鳴らしてまいりました。

 

前回、先月6/7のセッション時、いつものように7月の目標を共に立てながら、もちろん売り上げアップを目指す、しかしながら、飛ばしすぎないここと!欲張らないこと!焦らないこと!飯島はひたすら、こんなアドバイスを連呼しておりました。

 

さて、そして実際のこの1ヶ月ですが、実は今日のセッションで話す1週間前、オーナー鈴木信行さんからラインを通してある報告がありました。

 

それは、やや体調を崩してしまったというものでした。(コロナではありませんのでご安心を)何やらずっと片頭痛が続き、微熱にも見舞われたそうです。

 

本人からのメッセージには、こう綴られていました。「飯島さんにも言われていた通り、ちょっと焦りすぎていたように思います。もっと売り上げられるんじゃ無いかな、これぐらいきっと大丈夫だろう・・・って思って無理をしまって・・・」

 

そ〜ですね・・・散々飯島から言われていたのですから。

本人にも体調不良の原因を完全に理解できていたようです。

 

鈴木さんに限らず、これ、本当に頭で理解していても、どうにもならないんですよねぇ・・・

 

飯島自身も店舗デザイン設計者という同じく“職人肌”だったので、本当にわかるんです。

「もうちょい、まだまだ行ける、これぐらい大丈夫・・・なんのこれしき!」

 

この感覚が経営者には最も危険なのです。

経営を始めたのなら、とにかく「身の程を知る」ことの重要性を理解すべきなのです。

 

もともと職人肌とは、そもそも“程度調整”が苦手な人種の気質ですよね。その危険な素養に拍車をかけるが如く、「開業したての頑張り時」という使命感という危険なエネルギーが加わります。

 

毎月、飛ばしすぎないように!ほどほどに!と飯島がしつこいぐらいに声をかけ続けたところで・・・まぁ、分かっちゃいるんだけどさぁ・・・・というのが正直なところでしょう。

 

結果的に、なかなか、言うことを聞かない・・・

いや、“聞けない”のです・・・

 

鈴木さんが・・・ではなく飯島も含め“我々”職人育ちの人種全体に当てはまる危険性ってことです。

 

本日のセッション、この1ヶ月を顧みながら、半分以上は「反省モード」を語る鈴木さんでした。聞けば、6月の1週目から、非常に予約状況が好調で、「これなら目標を大きく越えられるかも!」と息巻いて、張り切りすぎたとのことでした。

 

ところが、2周目以降、体調が崩れ始めたところで、通常営業日の後半は、泣く泣く店を閉めざるを得ない日があったり、残念ながら予約をお断りしたりと、非常に悔しい思いが巡っていたそうです。

 

とまぁ、本日は鈴木さんからは、ややネガティブ寄りな話ばかりが聞こえてきました。

 

しかし、飯島の視点はそこではありませんでした。

 

実は、5月の売上ももちろん好調だったわけで、6月はそれを越えよう、と目標を共有しました。ところが鈴木さんいわく残念な結果という形で聞いた報告です。

 

でもね・・・実は5月の「好調な」売上と6月の不調な売上は、ほぼ変わらずの横ばい。売上落としていない結果なんです。すなわち、鈴木さんが半日で営業を切り上げた日が後半続いた割に売上は5月と同等という結果というじゃありませんか。

 

「それって凄いことじゃん?何が問題なの?」という言葉でした。

「鈴木さん、自分自身、この視点側からも見ていますか?」

 

「いや、そういう見方は全然していませんでした・・・」

 

「もちろん全面的にO Kとは言いませんけどね、どうであれ申し分ない結果であり、それなりにやれている・・・頑張れているよなぁ・・・って半分はそう思わないと!」

 

あくまでも“たら” “れば”の話になりますが、

 

もしも、体調崩さずに、全日、予定通り営業できていたらどうなったの?

そりゃ、もう、めちゃくちゃ売上は凄かったと想像します。

 

 

何が言いたいか・・・リズムを崩した全ての種は、鈴木さんの心でした。

これ、本人自身が自らの言葉で語ってくれたことです。

「心の状態が全てのバランスを崩したと思う・・・」

 

飯島が毎月口うるさくアドバイスしていなかったとしても、

こうした不具合に直面した瞬間の、自分自身の気づきが非常に大切です。

 

「あ、俺、飛ばしすぎたよな・・・少し速度を落とさないと・・・」

このハッと気付けるかどうかがほんと、重要です!

この気づきが無いと、必ずまた繰り返します。

 

本日の総評ではありませんが、

 

鈴木さん、開業半年以内に、この貴重な経験できてほんと良かったんです!

初期段階で重要な教訓を得ましたね!

 

自分の程を知る!

頑張るんだけど・・・程々に!

 

飯島も著作に書いておりますが経営はゴールのない長距離マラソンです。

スタートダッシュで突っ走るとトラック1周(経営1年間)もできないうちにリタイアです。ましてや1周や2周のレースではないので、永遠に走り続ける必要があります。だから何より最初の1年間でエンドレスで走れるための絶妙なペースを掴む必要があるんです。

 

車で言えば、エンジンが焼き付いたら終わりってこと。

 

鈴木さんの今回のヒヤっとした出来事、¥は、

鈴木さんにとって「必要なことが、必然的に、しかもベストなことが起こった」と思えます。

 

 

とはいえ、来月の売上目標、かなり高めの目標を立てましたね。

もちろん、無理なく、程々ペースででも実現しそうな目標です。

 

次回でちょうど開業半年となります。

 

この5ヶ月、鈴木さんの経験カリキュラムは非常に濃いものです。

すでにたくさんの重要な経験を積み始めています。

 

ということで、本日は、本当に本当に、良いセッションができました。

 

それでは次回!

 

◯6/7開業後4回目のセッションの記事

https://www.b—h.com/news/210607-hair-plus-malun-consulting-4/

 

◯5/10開業後3回目のセッションの記事

https://www.b—h.com/news/210510-hair-plus-malun-consulting-3/

 

 

◯4/5開業後2回めのセッションの記事

https://www.b—h.com/news/210405-hair-plus-malun-consulting-2/

 

 

◯3/6開業後1回目のセッションの記事

https://www.b—h.com/news/210309-hair-plus-malun-consulting/

 

 

相変わらず、時折、無料相談やセミナーの対応を行なっています。

本当にコロナ禍以降は遠方の方の対応が目立ちますね。最近多いのは、関西方面の美容師さんですかね。

開業にお悩みの美容師さん、理容師さん、いつでも相談お待ちしております!

※当コラムやブログでは、コンサル中またはプロデュース中のすべての計画をご紹介しているわけではありません。
あくまでも投稿の許可を頂いた開業オーナーさんのみ記事としてご紹介させていただいております。

 

<hair + malunの作品ページはこちら>


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。