10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

名古屋・国際センターFlamingo Flare(フラミンゴフレア)オーナーSさん顔とお名前初公開〜グラフィック&HP・・・旧職場退職のタイミングの重要性

【プロデュース進行中計画】国際センター駅・美容室Flamingo Flare・オーナー初公開!〜販促グラフィック、HP打合せ〜旧職場退職のタイミングは非常に重要です!なぜ開業1ヶ月半までに退職するべきなのか?

世の中はコロナで、緊張の連休でしたが、その連休明け早々に再び名古屋の美容室開業計画Flamingo Flare(フラミンゴフレア)引き続きグラフィックデザインとHP制作の為の打合せを続けております。

ずっと愛知の女性美容師Sさんとして計画を実況追跡してきましたが、5月に入りましたので、ようやくお顔とお名前初公開させていただきます。

おなじみの「Sさん」とは・・・柴田昭子さんのイニシャルでした。

実に美容師歴27年の大ベテランです。

 

柴田さんは4月末日で旧職場の勤務を終えたために紹介させていただきました。

 

なぜそれまでの期間に顔や名前の公開を控えていたかといいますと・・・おわかりいただけますよね?

理由は旧職場での勤務がとてもやり辛くなる可能性が高まるということです。

 

多くの場合、ほとんどの独立開業オーナーは、こうして計画がいよいよ大詰め段階というこのタイミングまで旧職場で働いているわけです。もし勤務期間中に開業計画に着手している様子が周囲の同僚ほか旧職場側に明るみに出てしまうと、非常にやりづらくなくことも少なくないのです。

 

実際に、遠い過去、飯島のブログやコラムでの開業オーナーさんの情報公開が原因で開業オーナーさんが経営者側に話を通す前に事実を知り、そのため開業オーナーさんを究極に苦しめてしまったという苦い経験があるのです。

 

もちろん、今回柴田さんの旧勤務先はとてもご理解があるオーナーで一切問題はなかったとのことですが、

過去にはそのように何事もない事例ばかりではないのです。とても信じられないような妨害行為に及んだ旧職場のオーナーもいるということです。

例えば、すでに店舗工事のスタートに向け工事業者が着工準備をしている今の柴田さんのような段階において「退職を認めないよ」と言われた最悪の事例は1つや2つではありません。

 

よく、開業計画に着手する段階で、「できるだけ円満退社したい!」という開業オーナーは多いのですが、実際に、優しく応援モードで送り出してくれたという事例の確率は極めて少ないのです。

 

飯島の著書にも書いておりますが、開業を目指す上で、前提として「円満退社はできない」と心を準備しておくほうが良いのです。

 

開業者も、いつか実際に開業して店主になった段階ならこの心情を理解できるかもしれません。

やっぱり主力の稼ぎ頭が自分の店を去っていくというのは、表面上は笑顔を作っていても、心の中は超複雑なはずです。

 

これは恋人同士の別れ話のエピソードと非常によく似ています。

 

「来年か、再来年には独立開業したいと考えていますので、その時はお店辞めさせてもらうことになります。」

これに対し、経営側オーナーは

「そうか、わかりました。その時は是非とも君を応援したい。君には成功してもらいたいんだ、私にできることなら何でも相談してくれたまえ」

と言うかもしれません。

 

しかし・・・

 

「私は、いよいよ物件も見つけたので、以前お話したように、来月で辞めて、独立開業させていただきます。」

 

すると・・・

 

「君ねぇ、こんな忙しい時期に辞めるなんて非常識じゃないか!絶対に認めないぞ、せめて年内まではとどまってくれないと困るんだ!」

「え〜〜〜?以前と話が違うじゃないですか・・・・」

 

どうでしょう、これ、アルアルだと思いませんか?

 

彼氏、彼女の関係でもありがちな感じでしょ。

 

彼女に最初に別れ話を切り出された瞬間は、カッコつけてしまう男性もいますね。

「そうか、君がそうしたいなら仕方ないね・・・とても悲しいけど受け入れるよ・・・」

 

しかし・・・いよいよ別れの瞬間が来たら・・・

 

「お前なんか最悪な女だ!わがままだし、自分勝手だし、どうせ何やったって失敗するに決まってる!・・・あ、あ、ごめん、俺何言ってんだ、いや、今のは取り消すよ〜〜〜俺を捨てないでぇ〜〜〜、え〜んえん・・・」

 

みたいな(笑)ちょっと大げさかもしれませんが、どうです?こんな心模様に似ているものです。

 

実際に飯島が見てきた過去の退職実例の半分以上は、ここまで大げさとは言いませんが、かなり近いレベルの事例もいくつかあったということです。

 

なによりも一番問題なのは、当事者の開業オーナーさんが、メチャクチャ凹むということです。

 

旧職場退職の時期というのは、まさしく柴田さんで言うところの今この瞬間のタイミングですね。

そうじゃなくても、沢山やることがあり、肉体的にも神経的にも超緊張感の真っ只中です。

 

もしもそんな大切な時に、この退職問題で心を大きく揺らされるとしたら・・・ヤバいでしょう?

 

将来開業する方々、『独立開業時の旧職場退職問題』必ず心しておくべきです!

 

さて話が大きく回り道してしまいましたが、そんなトラブルの種をできる限り消すために、飯島のコラムでは旧職場を完全退職するまで、お名前と顔の公開避け、イニシャルと顔ぼかしで実況しているわけです。

 

おわかりいただけましたかね。

 

 

さぁ、今、退職したての柴田さん、これから開業予定の6/19まで実は、メチャクチャ忙しいんです。

 

まず、店舗に設置する大量の物品(家電、家具、装飾物他)の買付の手配はもちろん、配送日を指定して工事完了時点にすべてが一気に納品されるように緻密に手配をしていかなければなりません。

 

もし仮に、次々と物品を購入して、どんどん工事現場に品物が届いてしまうと、店舗の工事がストップしてしまいます。なにより家電や家具などは、とても巨大なダンボール箱で届くわけですからね。ましてや、ご自宅に大量の箱をおいておくスペースはとてもじゃないけど確保できるはずありません。

このちょっとした想定外や判断ミスが工事の遅延、最悪の場合はオープン日の遅れにつながっていくのです。

 

それ以外にも、まだまだやることは尽きません。

保健所に営業許可を得るための手続き

ディーラーさんとの薬液薬剤、道具類の発注(これも納品は工事完了時にコントロールすべき)

工事開始前の近隣挨拶

電話番号取得の手配(決まらないと紙媒体の入稿ができない)

HPの準備(これもドメインURLが決まらないと紙媒体の入稿ができない)

新店舗でのシャンプー機器の講習など・・・

<注:紙媒体とは・・・名刺、ショップカード、ポイントカードなど>

 

ここに表したもの以外にもまだまだやることだらけです。

飯島がなぜオープンから逆算して1ヶ月半もの時間を確保して、このタイミングで旧職場を退職を指示しているのか?

 

もちろん、大量のやるべきことを、すべて完璧に抜かりなく、すべてこなすため、他なりません。

 

柴田さんは今、融資も無事に終え、いよいよ来週から工事も開始します。

あとは、じっくりオープンを待つ段階に・・・

 

ではないんです!

 

ここからが怒涛の忙しさに見舞われます。

もちろん、そのすべての行動の指示を飯島が細かく細かく随時指示してまいります。

 

すでに順番通りに一つも漏らすことなく行動していくことの難しさを、柴田さんはとても理解しています。

 

柴田さんとは連絡を取り合わない日は無いくらい、ほぼ毎日に近いほどやり取りを繰り返しています。

 

写真では笑顔が印象的な柴田さんですが、

実際には間違いなく不安、緊張、期待、ワクワク、ドキドキのジェットコースター状態です。

 

いつも励まし、ねぎらいながら、共に開業計画を歩ませてもらっています。

 

飯島がセコンドとして付きっきりのFlamingo Flareの開業計画です。

必ず素晴らしいお店がオープンするはず。

 

開業まで約1ヶ月半、ぜひぜひ楽しみにしていてください!

 

 

 

<2021年5月11日追記>
Flamingo Flareの公式ホームページ
https://flamingo-flare.com/
※5/11現在、準備中ですが近日公開です。
 

【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm