10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

名古屋美容院 Flamingo Flare(フラミンゴフレア)3回目打合せ〜融資面接特訓は5回目

【プロデュース進行中計画】円頓寺美容室Flamingo Flare・店舗デザイン設計及び販促グラフィックデザイン3回目〜融資面接特訓は5回目

プロデュース計画として進行中の愛知・国際センター円頓寺商店街近くに出店予定、美容室Flamingo Flare(フラミンゴフレア)のオーナーSさんの打合せも、すでに3回目です。

数年前より、すでにフリー(個人事業主)美容師として活動しているSさんは、現在は某美容室の一部に場所借りて、すなわち貸し面スタイルによる業務委託形態で日々仕事をしています。

 

そのような貸し面スタイルの運営活動をしているオーナーさんというのは、とかく新規創業のオーナーさんに比べて、既存客の流出率が少なく新しいお店を利用してくれる傾向が多めなんです。

 

??といいますと??・・・普通は既存客って、付いてきてくれるものではないの?

 

こんな質問が一般的な美容師さんの声として聞こえてきそうですね。

 

実は、新規創業するときに、「今までの得意客」は、

そのまま自分に付いてきてくれるもの。

店が変わっても自分が立ち上げる新しいお店に切り替えてくれるもの。

 

多くの美容師さんは、こう考えがちですよね。

 

しかしです、これ、残念ながら、そんなにうまい具合に行かないものなんです。

 

実際に開業を経験した美容師さんならピンとくるかもしれませんが、実際の声は「想像していたより、お客様が全員来てくれるわけではありませんでした」という実感の声は結構多いんです。

 

今まで働いていた旧店舗からたった100メートル程度しか離れていないのに・・・

100メートルの違いってこれほどまでに大きいものなの?・・・

もう少しぐらい、お客さん、付いてきてくれる率は高めかと高をくくっていました・・・意外だった・・・

 

もちろん、幸運にもほとんどの既存客がそのまま引き続きついてきてくれたという事例もありますが、これはかなり稀な事例だと捉えておくべきなのです。

 

まず飯島のプロデュースでお付き合いする開業者さんのほとんどは、一旦既存客をアテにしない!という出発地点から販促戦略を立てます。すなわち新店舗として生まれ変わる以上、ゼロスタートという前提での計画を講じるべきなのです。

ゼロから、いかにして新規客を着実に増やしてゆき、やがてその新規客をリピート客になってくれるまで手厚く育てていく!という発想が基本と考えるべきなんです。

 

実際に蓋を開けてみたら、既存客もほとんど来店してくれた。

はい、それはそれで、全然OKです。ゼロスタートの前提なら、既存客の来店はすべて副産物と捉えられるものです。

既存客は来ないものと、一旦覚悟しておけば、結果はプラスでしかありません。

 

最も問題なのは、来てくれるはずが、なぜか来ない・・・これ、テンションガタ落ちです。

これが初期の運営の心模様として最悪なことなのです。

 

ほとんどの美容師さんが、開業したら今までのお客様がたくさんいるから、きっと大丈夫。

と考える傾向がありますが、これを一旦、見つめ直してみること!これこそ開業前の重要なノウハウです。

 

 

さてさて、では実際に今回の計画、愛知のSさんはどうでしょうか?

このSさんの計画に限り、既存客の流出は極めてゼロにできそうな予想をしています。

なぜなら、彼女の過去のデータがすべてを物語っているのです。

 

Sさんが、フリー美容師として活動するようになってすでに5年以上の年月が経ちます。この期間、3〜4店舗、勤務先を変えてきた経歴を持ちますが、店が変わるたびに離れずに付いてきてくれた超得意客の数が大量にいらっしゃるのです。

それだけ店が変わりつつも、ずっと追いかけてくるが如く付いてくるお客様というのはもはや本物中の本物ですよね。

Sさんの信者層といっても良いでしょう。

 

しかも、今回の計画は、複数のスタイリストでお客様を対応する一般的な美容室スタイルではなく、高級路線の完全予約制プライベートサロンとして立ち上げる計画です。

 

さらに、Sさん、メチャクチャ特殊な資格を多数取得している、いわゆる凄腕の美容師さんです。

 

なので、新規客を精力的に増やしていくという販促方針に偏らず、今までの超得意客を毎日毎日順番に、丁寧に対応していく。

 

なので、もしも依頼が殺到したとしても・・・

予約に数ヶ月待ちという状態になっても、Sさんのペースは一定を保ち、サイクルを変えないという運営方針なのです。

大袈裟に言うと、行列ができるかもしれない店舗を目指しているわけです。

 

飯島は本来、たった一人きりでの運営が前提の独立開業や出店をオススメしないのですが、今回のSさんの計画に関しては話が違います。

 

完全予約制の高級プライベートサロンというベースとなる部分とは別に、もう一つのブランディング戦略も付加される計画であることも、GOサインを出した理由です。

 

まだその詳細をご紹介できませんが、今風に言えば「バズる要素ありの出店計画」が今回のSさんのプロジェクトです。

完成を是非とも期待していてください!

 

本日も、店舗デザイン設計、グラフィックデザインの打合せ後、融資の面接特訓を行いました。

面接特訓はすでに5回目!ここだけは本当に頑張って自分のものにしなければなりませんね!

 

<2021年5月11日追記>
Flamingo Flareの公式ホームページ
https://flamingo-flare.com/
※5/11現在、準備中ですが近日公開です。
 

【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm