10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

【プロデュース】土呂美容室 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)開業後初のコンサルティング!

土呂の美容室 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)開業後のコンサルティング1回目です!

先月2/13に、bh飯島のプロデュースを経て無事に念願の開業を果たした、さいたま土呂町の美容室 hair + malun (ヘア・プラス・マルン)の鈴木信行さんご夫婦。

 

そろそろ開業から約1ヶ月を迎えたこの段階で、1回目の開業後コンサルティングを行いました。

もちろん、まだ開業したてなわけですからね・・・果たして自分のお店が上手く行っているのか?それともダメなのか?

開業者さん当人にしてみれば、この基準がないわけです。なので、まずこの段階で浮かれまくっている開業者さんはいません。

 

実際に話を聞けば、まずまず、初月は順調そのものの走り出しだな、という印象を受けました。

とはいえ、初期の頃というのは過去の既存客が、お祝いを兼ねて、ちょくちょく来店してくれるという傾向も手伝ってくれるもの。

 

これを「オープン景気」といいます。

 

開業初期の頃から「割と客が来てくれている?・・・私達って順調?」

と捉えてしまう開業者も少なくありません・・・あ、ちなみに、鈴木さんご夫婦はそんな発言は一切していません。

むしろ、いつものように至って平坦、といった感じです。

 

とまぁ一般的には、オープン景気は必ず一旦落ち着いて、客足が落ちるという宿命です。

実は、経営の新入生となったオーナーにとって、この瞬間に気持ちに魔が刺し始めるのです。

最初の1〜2週間は客足多く、喜びもつかの間・・・徐々に客足が減り・・・あれ???・・・どういうこと???

となるのです。

 

まぁ、マルンはその大きなオープン景気の波ほどではないようですが、緩やかめには、この傾向を受けていると感じました。

 

いずれにしても、初期の段階で客足が少なくないのは良いことには変わりありません。

問題は、微妙な変化に心が乱されない様にあらかじめ構えておくことが重要なんですね。

 

まぁ、飯島が見る限り、鈴木信行さんは、ややセッカチ気味なところはあるものの(これ本人公認です・笑)

総合的には沈着冷静な性格ですし、仮に不安要素があれば、即、飯島に相談の連絡を投げかけてくる反応が早い上に、素直なストレートさがあります。

実際、すでに開業してから1ヶ月の期間で幾度か相談の連絡を受け、その都度に対応策と、少なからず心を落ち着かせるためのアドバイスをさせて頂いております。

 

ということで、今回は、まだ開業初月が終わったばかりですので、運営面での実数字を扱うようなセッションではなく、経営者として、自分自身の心を揺らさない為の「経営者マインド」を促進するお話がほとんどとなった初回コンサルティングになりました。

 

もちろん、次回以降、実数字を共有しながら、さらにステップアップを目指すためのセッションを展開していくことになります。

 

飯島としては、ひとまず開業したてのオーナー鈴木さんご夫婦が、心揺れ揺れでパニックしていない様子にとっても安心するわけです。

どうでしょうか?上の写真を見ると、お二人とも、とっても良い笑顔していますでしょ?開業してもやっぱり、ほのぼの、癒やし系の鈴木さんご夫婦です。

 

なんとなく童話に出てきそうなキャラをイメージしてしまうのは飯島だけでしょうか?

本当に身体に気をつけて、無理せずに着実な経営のリズムを掴んでいってほしいです!

頑張りすぎなくてOK!

それより一歩ずつ着実にマイペースで進むことをなにより課題としましょうね!

 

<hair + malunの作品ページはこちら>


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm