10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

【プロデュース】土呂町美容院malun(マルン)工事現場の様子part-3

さいたま市北区土呂町の美容室 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)本日もちょこっとだけ店舗工事中の現場の様子

工事開始1月7日から早くも2週間経過しました。再び藤井真哉引率で、土呂美容室マルンの店舗工事現場視察です。

相変わらず、ほのぼのな鈴木信行さん、亜希さんご夫婦です。

プロデュースでは、鈴木さんの計画に限らず、「malun組」と言った感じでライングループが作られて、そのグループ上にメッセージがやりとりされます。

 

このグループには、鈴木さんご夫婦はもちろん、飯島、店舗デザイン担当の藤井、グラフィック担当の辻井で構成されます。

ここでの発言は、常に各人がリアルタイムでモニターしているわけで、言った言わない論争や、トラブルなど一切発生せずに、確実に意思の疎通が成立し、すべての問題回避は初期段階で潰すことができるのです。

 

飯島からの視点ですが、このライン上で、ほぼ毎日のように鈴木さんご夫婦は、藤井や辻井とメチャクチャやりとりしていますね。それを見て問題があれば即座に飯島が指摘を出すわけです。

 

例えば藤井とのやりとりはこんな感じ

 

信行さん「店に入れるチェアはこんなのいかがでしょうか?」

藤井「店舗デザインのイメージ的にはちょっと路線が違うかも?逆のこれはいかが?」

という具合に藤井から、Amazonや楽天の商品ページが提案されたりします。

亜希さん「あ、私もこっちのほうが好きです。」

信行さん「僕もこれなら良いと思います。ではもうこれ、買っちゃって良いですかね?」

飯島「はい予算組はもう明確になっているので、迷わず買っちゃってください。ただ納品日だけ注意ね。藤井さん納品日はいつに指定すればよい?」

藤井「工事業者に確認したところ、◯◯日の午後に現場に届くようにしてください。午前中はまだ工事が入っているのでNGですから注意してください。」

 

 

と、まぁこんな感じです。ライングループ、これ本当に便利で助かってます!

 

 

一方、辻井とのやりとりも同じ様にグループ上で行われます。

辻井「藤井さん、店舗のメインカラーは◯色ですよね、この色をチラシの背景に挿入しようと思いますので色番号教えて下さい」

藤井「色番号◯◯カラーです」

辻井「ではその色でデザイン展開するとこんな雰囲気になりますが、鈴木さんいかがですか?」

信行さん「凄く良いと思います!」

亜希さん「私も良いと思います!好きです」

辻井「ではこれで入稿しましょう」

信行さん「辻井さん、チラシの入稿後、実際に届くのはいつになりますか?」

辻井「◯日着で手配します。この商品到着時に代引きで◯円の支払いをしてくだい。届いた際、もしも色の具合が不良なら教えてくだいさいね。業者側に私の方から掛け合いますので」

—間—

信行さん「紙媒体アイテム全部届きました!すごく良いです!」

亜希さん「すごく素敵で可愛いです」

信行さん「飯島さん、ポスティングはいつから始めるべきでしょうか」

飯島「届き次第、即バラマキましょう!1日でもはやく、1件でも多く、やりすぎということはありません。」

信行さん「でも、まだ24時間ネット予約と電話番号が開通していないんですけど、どうしたらよいですか?」

飯島「それらが開通まで、お手数ですがチラシに手書きのメモをホチキス止めして添付しましょう。電話と予約は2/3以降開通です、それまでに予約ご希望の方はこちらの公式ライン、またはこちらの携帯番号に直接ご連絡ください、って」

信行さん「なるほど、ではその線でやってみます」

飯島「頑張ってください!」

信行さん「わかりました、明日の朝から始めます!」

亜希さん「ありがとうございます」

 

 

多少の脚色はありますが、ほぼほぼ実話です。

という具合に、飯島からは、お二人の毎日行動の様子が伺えております!

 

当コラム上で幾度かご紹介している現場の写真、保健所の写真、もちろんも、今日の記事の写真も、藤井がこのライン上にて添付してくれたものを貼っております。

 

だからこうして現場に佇むお二人の写真を見ると、忙しい中で現場に訪問したわけで、色々お疲れの渦中だろうなぁ・・・と思うわけです。お二人とも本当に健気に頑張っているんです。

 

ついつい、写真に向かって頑張れ〜って言いたくなっちゃうわけですよ。

 

bhチームとオーナーさんの行動がすべて見渡せる状態を作って、適材適所で各セクションの担当が発言していく。

このメンバー全員の絶妙な連携が過去の事例、毎回安全で確実なオーナーさんの開業を実現させてきました。

 

 

さて、ヘア・プラス・マルン 鈴木信行さん亜希さんご夫婦のこだわりの店舗オープン(2/13)まであと23日です。

こうしたすべてが順調な計画進行は、いたって事前の基礎知識収集、そして準備あっての話です。

 

なによりも鈴木さんご夫婦は、思いっきり実感している渦中だと思います。

おふたりとも、開業まで体調管理が重要な使命ですよ。

身も心も健康状態を維持することが今の最大の課題ね。

 

頑張りましょう、という段階はもう過ぎかけていますね。

それそろ頑張らずに、温存、程々に、これが現時点で最も適したアドバイスですね。

 

 

<hair + malunのオフィシャルブログ>

http://hair-plus-malun.com/blog/

<hair + malunのHP>

http://hair-plus-malun.com/

 

 


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm