10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

【プロデュース】土呂の美容室 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)WEB準備中です!

 さいたま市 土呂 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)本日のWEB打合せは美容勤務終了後の21時より!

前日減額調整も終え、正式な店舗工事業者との契約も終え、いよいよ2021年年明けより店舗工事開始となる

土呂の美容院 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)の計画です。

減額調整を通過した事により、店舗工事意外の諸々の予算組も明確に配分バランスの目処が立ったことになります。

 

ここで、契約を待機させていたWEB制作担当者の正式契約段階にたどり着きました。

あれ、WEBはもう制作始まっていたのでは?

はい、ここが非常に重要な取り組み方の箇所なのです。

 

飯島を通してWEB制作担当者には事前に伝えていたことがありました。

減額調整を通過しなければ、WEBにどれほどの予算が割り当てられるかが不明状態のままなわけです。

 

したがって、仮に制作費が最小のコースとなったとしても影響を受けない範囲で作業を先行でしてもらっていたということです。

本格的な作業に取り掛かるのは、本日以降、正式な契約後となるのです。

 

まぁこうしたWEBに限らず、予算が明確になる前にスタートさせたい要素がある場合、

微妙なところではありますが、飯島が間に入って各業者への申し送りがとても重要となります。

各業者も、契約を交わしていない以上、作業には一切取りかかれない!というところではありますが・・・

正確な予算がはじき出せるまで何もぜず状態で、これを待っているとブログ記事を書き始めることができないし、チラシやDMなどに挿入するHP情報も設定できない。すなわち事前の告知活動に大きな遅れを取ることに繋がるのです。

 

これが、問題なわけですね

 

なので、飯島を通してWEB制作側にはこうしたお願い事をしていくのです。

 

「オーナーさんが仕事を発注をするのは確実です、ただ、正確な予算配分が出るまで正式な契約が結べない。したがって仮発注という形をとって、事前に可能な部分だけ作業を先行ではじめていてほしい」

 

これ、毎度、同じような取り組み方で、過去一度もトラブルとなったことがないという信頼関係があります。

「飯島さんの監理下ですから、心配しておりません。かしこまりました!」と、毎回快く対応してくれているわけです。

 

さて、実際のところ、先日の減額調整では、Sさんが融資を含め確保している予算範囲内には十分WEB制作の予算が確保できております。

これまでに、安価バージョン、普通バージョン、高性能バージョンと提案していたWEB制作陣営のランナップより高性能バージョンを依頼することができるようになりました。

 

年末年始をまたいで、WEB制作も一気に加速してまいります。

 

Sさんが旧職場に勤務するのは残り1週間とのことです。

退職後にはいよいよお名前と顔写真初公開です。

当ブログ写真の顔のボカシ、だんだん薄くなってきているのにお気づきですか?

 

以下は準備中段階ではありますが・・・ここ見に行ったらオーナーの名前、わかっちゃうけどね。

 

 

<hair + malunのオフィシャルブログ>

http://hair-plus-malun.com/blog/

<hair + malunのHP>

http://hair-plus-malun.com/

 

 


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm