10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

【プロデュース】さいたま土呂の美容室hair + malun(ヘア・プラス・マルン)6回目打合せ

埼玉土呂美容院 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)打合せ6回目

土呂美容室hair+malun(ヘア+マルン)今回はグラフィックデザインの打合せは1週お休み、店舗デザインの打ち合わせはすでに競争見積(入札)直前の最終チェック段階のため、打合せは1時間半程度で終了。

 

そのまま同じZOOM会議で引き続きWEBの打合せも行いました。

現時点で、すでにオーナーSさんご夫婦はブログを精力的に書き始めていますね。

普段からわずかながらブログを書く経験があったということで、Sさんはさすがに飲み込みが早い。

 

多くの美容師さんは、Sさんとは異なり、ブログはおろか、ネット全般でズブの素人のほうが断然多いのです。それに比べ、Sさんは超初心者レベルではありませんでした。

 

実はこれ、開業オーナーさんが、今まで勤務していたサロンがブログを書く習慣を持っているかどうかに左右されることが多いようです。

 

どこのサロンであってもブログを書くことの重要性をわかっているオーナーの下で勤務していれば、おのずとブログを書くことを業務の一端としてこなすことになります。これが明暗を分けているといいますか・・・最初の一歩が踏み出せているかどうか?ここが、とにかく重要なんです。

 

まぁ、飯島の下で巣立った歴代開業オーナーさんの9割はSさんとは異なり、「ブログをいじったことがある人」ではなく、ほぼゼロスタートの人ばかりでした。

 

第一歩を踏み出すゼロスタートとの人と、二歩目となる人の差はあまりにも大きいんですよね。

 

これは独立開業でも同じことが言えますが、飯島が寄り添う開業オーナーさんは当然のことながら独立開業自体ゼロから一歩目を踏み出す計画です。何事もゼロからイチがとにかく大変。

 

しかし、大変ゆえに、導いた側も当事者側も双方に大きな達成感があります。

 

苦手なこと、やったことないこと、この未知の領域に足を踏み出すときの莫大なエネルギーとモチベーションが開業者さんに大きな変革をもたらすわけです。

 

ブログでこそ、二歩目ぐらいの段階を踏み出しているSさんですが、開業計画におけるそれ以外の要素では、様々な戸惑い、不安と向き合いながら試行錯誤の渦中にいるようです。

 

実際、その都度お悩み解消のアドバイスを沢山させていただいております。

その度に聞こえてくるご夫婦の「あ〜、そうですか、聞いてよかった・・・安心しました・・・」

このお言葉と共に垣間見える安堵の表情に(ZOOMごしですが)こちらも同じような安心を感じています。

 

飯島にとっては、長年多くの開業者に伝え続けていることは、超当たり前のノウハウばかりなのですが、何も知らない初めての独立開業オーナーさんにとっては、その全てが不安定に揺れ動く心を整える重要なノウハウとなります。

 

その昔、bhがサブ屋号として「ヘアサロン開業アカデミー」と銘打ったのは、

経営者になるために必要となる最低限の「学校になること」を目指したからでした。

 

右も左もわからない、何も知らない純粋無垢な美容師さん、理容師さんを当時飯島は小学校の生徒とダブらせました。

 

小学校の学びがいい加減なら、小学校の先生がいい加減なら・・・先々中学、高校とロクな人間になりませんよね。

 

独立開業者さんにとっての経営者になるための小学校=アカデミー

 

これを意識して付けた飯島の会社bhのサブ屋号が「ヘアサロン開業アカデミー」だったわけです。

早いもので来年は創業から21周年となる飯島の会社bhです。

 

この名称が目指すコンセプトからブレることなく常に「開業前の小学生たち」をたくさん立派な経営者に仕上げて送り出してこれました。そして、やがて開業後経営者になった(卒業した)開業オーナーさんたちは、もはや飯島と同列の経営者同士になっていきました。

 

2010年に飯島のプロデュースにより独立開業し、今年2020年、晴れて10周年を迎えた美容室、理容室、飲食店は全部で9店舗ありました。これらすべての店舗が現在のコロナ禍の最中でも立派に、健全に運営を続けていると報告を頂いております。

 

本当に皆、素晴らしい経営者になりました。

 

これ、小学校の先生が、高校生、大学生になった教え子が折りに触れ会いに来てくれるような感覚ととても似てます。

本当に嬉しいものです。卒業して何年立ってもずっと連絡してくれる生徒たち=歴代開業者さんを心より誇りに思います。

 

間違いなくmalunのオーナーSさんご夫婦も、歴代開業者と同じように立派な経営者になるはずです。

飯島は、これからもたくさんの立派な経営者製造工場でありたい。

 

↓2020年12月26日追記

<hair + malunのオフィシャルブログ>

http://hair-plus-malun.com/blog/

<hair + malunのHP>

http://hair-plus-malun.com/


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

開業セミナー情報


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm