10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

【プロデュース】土呂駅・美容室hair + malun(ヘア・プラス・マルン)5回目打合せ

埼玉-土呂-美容室 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)打合せ5回目

2日前にWEB制作もスタートしている土呂の美容室hair+malun(ヘア+マルン)ですが、引き続き、店舗デザイン&グラフィックデザイン打ち合わせが間髪入れずに進行中です。

 

あまりにも順調でスポーディーな進行具合を見せているこの計画、店舗設計も、グラフィックも、すでにかなり詳細な部分まで詰めている段階です。

 

特に店舗に関してはちょうど年末年始をまたいだ計画になることもあり、早め早めの下準備も想定し、通常スケジュールより早めに競争入札を行う予定です。とはいえ、実際の店舗工事は年明けの1月に入ってからで、1月末までには完成を目指します。そして2月の中旬までじっくり開店準備期間を確保し、いまのところ2/13のオープン狙っています。

しかしまぁ、これはあくまでも目標です。実際には競争入札を勝ち抜いた工事業者の工事工程スケジュールによってこの目標設定は、変動することも十分に有り得ます。

 

大事なのは、開業オーナーが思いつきで決めたオープン日に合わせていくというやり方は絶対にNGなのです。もちろんそれが十分に余裕のあるスケジューリングであれば問題ないのですが、多くの場合はその逆。世の中、一般的にはオーナーが決めたオープン日に合わせて組まれる工程は、まず無謀なケースがほとんどです。

 

設計士も、工事会社も、お客様であるオーナーの指示に従うしかないわけです。無謀なスケジュールでもなんとかしようと全力を尽くすのですが、こういった事例は経験上、極めてトラブルの連続となるものです。タイトなスケジュールでの計画では、誰もが「やっつけ仕事モード」となり、設計上の問題で後々になって、見落とし部分が露呈したり、使い勝手が悪くて不具合となったりするのです。また、工事に関しても、いわゆる突貫工事を余儀なくされ、結果的に手抜き工事など、粗雑な品質となりがちなのです。

 

世の多くの開業者がやっている、「オープン日ありきの開業計画」は非常に問題です!

 

○設計期間もしっかり時間確保

○工事期間も丁寧な品質になるように十分な日数確保

○そして、開業者自身が、完成後の店舗に様々な物品を設置配置する開店準備日数を十分に確保

 

この3者、それぞれが腰を据えて、魂を込めて、丹念に作り上げられる十分な時間確保あっての高品質店舗。

 

ということで、malun計画は、したがって、オープン日は現時点ではあくまでも目標でしかありません。先々、仮に飯島が不可能と判断した場合、オープン日を延ばしてスケジュール調整する。独立開業出店の計画というのは、それぐらいの柔軟性を持ってのぞむことこそ重要なんです。

 

オープン日が仮に1週間延びたとしても、10年以上の長い運営を考えたら焦りは禁物です。

 

すべてが「やっつけモード」で出来上がった店舗で、様々な不具合、ガタツキと10年以上付き合いますか?

 

結果的に長いスパンで考えれば、焦った方が後々出費が多かったという事例は少なくありません。開業計画は進行中の過程で何度も柔軟な対応が問われ、何度もスケジュール調整が必要となるものなのです。将来開業を目指している皆様、これ、心しておきましょう!

 

hair+malun(ヘア+マルン)開業計画、引き続き、打合せはつづく・・・

 

 

 

【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/bhfreeseminar


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm