10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

進行中開業計画

【プロデュース】hair + malun(ヘア・プラス・マルン)土呂の美容室4回目打合せ

さいたま市・土呂美容室 hair + malun(ヘア・プラス・マルン)打合せ4回目

現在プロデュース進行中・さいたま土呂美容室hair+malun(ヘア+マルン)の4回目の打合せ。本日も午前中からスタートしました。

 

店舗デザイン設計は、とにかくグイグイ進んでおり、担当の藤井真哉いわく、設計段階もすでに8割以上の進み具合ということでした。

一方、販促及びグラフィック担当の辻井泰子の作業も順調で、同じくかなりのスピード感で進んでいるのだという。

 

さて、その心は?

 

もちろん、Sさんご夫婦の決断がテキパキしているから!理由はそれしかありません。

 

独立開業を目指す世の中のすべての開業者がこうだったら良い!と言いたいところなのですが、そういうわけには行かない事例がほとんどです。

 

開業者さんは当然10人(組)10色

 

実際に、Sさんご夫婦の今と同じような段階で、まだ店名が決められずに悩み続けている様な時も過去にはありました。もし今の時点で仮に店名が決まっていなかったとしたら?

 

このように店名のロゴやマークは当然デザイン提案すらできていないことになります。

 

実は、店名がなかなか決まらない問題は意外とありがちです。しかも飯島のプロデュースともなると「姓名判断」による商売繁盛の画数の追求もあるので、特に決断が鈍い開業者さんの場合はなおさら決まらずに何週間も経過してしまうのです。

 

過去のワースト記録では3週間にわたり店名が決まらず、辻井の作業スタートが大幅に遅れたという事例もありました。もちろん、辻井はその時、ターボエンジンのごとく急ピッチで追い上げて計画進行の遅れを取り戻したものでした。藤井、辻井の両クリエーターが飯島の右腕、左腕になってからすでに15年以上ですからね。ほんと色々な開業事例がありました。しみじみ懐かしいです。

 

とまぁ、この計画進行が何故に早いか?お二人の決断が早いことはもちろんですが、もう一つ重要な要素があります。

 

ご夫婦間の連携がスムーズであるということ。要するに仲がよろしい!

 

これは、現在進行中の別プロデュース計画・浦和理容室MOLGECO(モルジェコ)の張元さん夫婦にも共通することですね。

 

しかしまぁ本来、ご夫婦の趣味志向が異なるのはあたりまえなのです。性格の対極というのはよくあることです。もちろん建設的な議論や引っ張り合いは、ある意味重要とも言えます。それすらbhチームはあらかじめ想定内ですし、気長に、懐深くガッツリお付き合いしていきます。

 

タイプが異なる者どうしというのはSさんご夫婦もモルジェコの張元さんご夫婦も同じです。

しかし、何故か揉めない、争わない、けなし合わない。

 

さて、何故でしょう?

 

その答えは、両ご夫婦とも飯島とあまりにも長い時間をかけて共有してきたコンセプト構築のお陰です。

これはレクチャー&コンサルの3回目ぐらいの段階で扱うセッションですが、ご主人、奥様、それぞれの趣味、思考他、多角的に聞き取った上で、それぞれの魅力探究を分析し、それぞれのターゲット設定を吟味していきます。そして、異なるご夫婦それぞれが目指す方向の「最大公約数」ともいえる共通ポイントを導き出し、それを将来の店のありかた、指標とするわけです。

 

仮にご主人の要望100%に寄せると、奥様が腐る・・・逆もまたしかりです。

もちろん、たった一人で運営していくお店を作り出すならそれもOKですが、ご夫婦や共同運営者と一緒にやっていく場合は、これでは良いお店は実現しません。

 

ご夫婦どちらも好きな場所であり続けなければ意味がないのです。

 

こんなシーンをイメージをしてみてください。恋人どうしの頃のデートの時です。

 

彼氏「何を食べようか?」

彼女「私、イタリアンが食べた〜い!」

彼氏「マジか、イタリアン好きだけど、今は気分じゃないなぁ」

彼女「じゃぁ、お寿司!」

彼氏「お寿司ねぇ、好きだけど・・・焼肉は?」

彼女「私も焼肉好きだけど・・・もう少しサッパリしたものの方が・・・しゃぶしゃぶは?」

彼氏「じゃぶじゃぶ、イイねぇ!大好きだわ!よし、じゃぶじゃぶで!」

彼女「やったー!しゃぶしゃぶ!」

 

要するにご夫婦それぞれが、第一希望を押し付け合っているのではなく、それぞれの2位とか3位で折り合いをつける!

これがコンセプト構築における重要なポイントです。両者とも納得のいく、最大公約数を導き出すっていうことね。

 

特にご夫婦でそれぞれ店に立つという計画である以上、我の張り合いは最悪です。店の運命を左右する致命傷となりかねません。

 

飯島が毎回しつこく連呼する「コンセプトが最も大事!」という発言ですが、結果的に今回のSさんご夫婦の様に決断がスムーズだったり、お互いのリクエストが一致しているのは、最初に組み立てたコンセプトの為せる技なんです。

 

開業オーナーのお二人、飯島、藤井、辻井、このチーム5名が同じ地点を目指して進んでいる以上、誰も的外れな、トンチンカンな事はありえないのです。事前のコンセプト構築は結果的に先々の行動を全てスムーズにする下準備となりますし、一見遠回りにみえるけど最短距離を取れる要素なのです。

 

とうことで、非常に順調な進み具合を見せているSさんご夫婦のmalun計画、そろそろWEB制作の打ち合わせを組み込んでいきます。

オープンは今のところ来年2021年の2月13日頃の目標です。

 

まだ先の様に思えるかもしれませんが、WEB制作はもう準備に取り掛かるべきなのです!

それではまた次回!!

 

 

【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/bhfreeseminar


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm