10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

コラム

【本日のbh】開業14周年の大宮美容室Doluceオーナー松田裕さん来社

2006年4月開業・大宮美容室ドルーチェのオーナー松田裕さんが遊びに来てくれました。

本日の午後、懐かしい人物から電話を受けました。その相手は2006年4月21日に開業した大宮美容室Doluce(ドルーチェ)のオーナー松田裕さんでした。なにやら神宮前に美容施術用のハサミ磨屋さんに来ていたらしく、せっかくなので飯島に会えないかと思ってくれたそうです。

「飯島さん、今事務所にいるの?」

「今は、自宅で仕事してるけど、え?もしかして近くにいるの?」

「神宮前に来てるから、時間空いていればお邪魔したいなと思って・・・でも自宅なんだね。」

「いやいや、自宅とオフィス数分の距離だから行くよ」

「ほんと?じゃあ、これから明治神宮前から代々木上原向かうね」

「ぜひぜひ、ではオフィスで落ち合いましょう!」

ということで、飯島がオフィスに向かったのですが、たどり着いたとき、すでに松田さんはオフィス前で待っていてくれました。

※写真の一番上、対面の瞬間の写真です。

 

松田さんはbhはオフィスが神宮前から代々木上原へ移転して今のオフィスになってから、来てくれたのは今日が初めてでした。

「一度お邪魔しないと、とは思っていたからね、ずいぶん時間経っちゃったけど、すんません」

「いやいや、時間が経ってもこうして来てくれるんだから、そういっていのうが嬉しいんだよね、ありがとう。」

ひとまずこんなやりとりからスタートしました。

 

せっかくなので、そのあとは動画撮影の許可をいただき、お互い昔を振り返りながらの対談を記録させていただきました。

(編集時間かかりそうだから、Youtubeへのアップはちょっと先になりそう。アップしたらこちらに貼りますね。)

ドルーチェ開業当時の様々なエピソードをお互いに振り返りました。

振り返れば、いろいろです。計画時は少なからず事件もありました。

現在ではbh飯島の右腕として、すべての案件の店舗デザイン設計を担当してくれている超ベテラン藤井真哉氏ですが、このドルーチェ開業計画が初起用、すなわちデビュー作品でした。

ということは、bhと藤井氏との連携ワークも、もはや14年ということですね。

 

松田さん曰く、当時飯島は藤井に対し、

「bhではこのような進め方でやりますから、通常のデザイン作業より大変ですがよろしく」

こんな感じで、bh特有の仕事の進め方をいろいろ説明していたそうです。

 

bhは2000年の創業から、独立開業支援の進め方にはそれなりに模索があり、たくさんの軌道修正を繰り返した歴史があります。

創世記は飲食店のプロデュースの方が多い時代もありました。物販店、ギャラリー、マッサージ店などなど、様々な業種の独立開業をお手伝いしたりもしていました。

そんな発展途上のbhでしたが、2006年のこのドルーチェの計画を機に、bhのプロデュースのスタイルが確立されたといっても過言ではありません。そう、この頃からですね、ヘアサロン開業に特化した専門家になったのも。

 

今でも、時折飲食店、特にショットバーの相談やコンサル依頼をリクエストされることもありますが、気づけばやはり、今は美容師さん、理容師さんの為のお助けマンです。でも、これは自分が当初から強く意図したことではなかった気がします。シンプルに業種問わずの小さな独立開業をサポートすることを目指していました。

やがて、必然的に?必要とされて?いつしか美容師さんや理容師さんがたくさん頼ってくれるようになったわけです。

そのうち、プレッピーさんからの独立開業ムック本「自分のサロンを持つ」の監修依頼があったりで、美容室開業支援の方向性が強くなり始めました。

↑そういえばこの本、発売がドルーチェ開業と同年2006年でしたね。

そしてその2年後の2008年、技術評論社の「はじめてのヘアサロンオープンBOOK」の全面監修依頼を受けました。

この書籍、内部の誌面にもしっかり松田さん登場していますね!

この頃、出版社側から取材するモデル店を紹介して欲しいとの依頼に、ドルーチェ松田さんを推薦したのでした。

さて、この書籍発売に至って、もう美容師さん、理容師さんのための人物として役割が完全に決定づけられました。

 

とまぁ、とにかくドルーチェ松田さんとの間には何らかの『縁』存在したのは紛れもない事実。

本人の開業後も、松田さんの紹介で、多くの相談や開業サポートさせていただいたことでしょう。

松田さんが頼んだ人なのだから、という基準だけで依頼してくる後輩のオーナーさんはたくさんいらっしゃいましたね。

 

また、2009年から2019年には10回目となり毎年恒例で歴代開業者さん主宰で行われる、飯島を開業者さんたちが囲んで行われる合同忘年会「bh unity」にもほぼ皆勤で松田さんは顔を見せてくれています。

果たして今年はどうなるだろう・・・コロナ問題もあるしさすがに無理でしょうかね

↑2009年12月14日「bh unity 2009」第1回目の様子

↑2017年12月4日「bh unity 2017」の様子

↑2016年6月1日

この日は、飯島と藤井で大宮にてFIKCENT(フィクセント)の物件チェックに行った際、移転拡張後のドルーチェに訪問した時の写真。

松田さんはもはや単純に、過去の一人のお客様という言葉では括れないほどの付き合いをさせていただいております。

 

とまぁ、長き関わりから、思い出はいろいろです。

会えば、毎回ついつい長い時間になってしまいます。

 

さて、この日、飯島も次のセッション予約がありましたので、結局その直前までずっと時間を忘れ語り合っておりました。

 

松田さん、ちょっと遠いけど、近くに来るときは、是非ともまた遊びに来てください。

 

↑ということで、これがその後のセッションの様子ね。一応投稿しておきます。


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

申込みはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/bhfreeseminar


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm