10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

コラム

【本日のbh】武蔵浦和理容室開業計画・公的融資面接前日〜最終仕上げZOOM特訓

武蔵浦和理容室開業計画のオーナーご夫婦、融資面接前日の最終特訓

ついに面接が明日に迫った武蔵浦和(と浦和の中間)での理容室開業計画。

実行段階に進んでいる理容師オーナーHさんご夫婦の、恒例の面接特訓もいよいよラストとなりました。

 

明日8/3の面接直前となる本日8/2の21:30より、いつものように90分に渡り面接の模擬練習を行いました。

ちなみに上の写真ですが、bhオフィスをバーチャル背景でハメこんでいるので、実際は自宅のグリーンバック壁ごしに対応しております。(※Amazonから1700円で買ったグリーンバック大活躍)

 

Hさんご夫婦、実に合計6回に渡ってこの面接トレーニングを行ってまいりましたが、

できることなら、この記事の読者さんたちにも初回の時と今回の時を音声で聴き比べてもらいたいぐらいです・・・・まるで別人!

 

それほどまでに、自分の頭脳の中にある計画性を流暢にアウトプットすることって難しいんです。

公的融資の面接官は、後にも先にも、ほぼ1回きり、1時間程度の時間しか向かい合わないのです。

 

どんなにすばらしい計画を携えていたとしても、それを面接官に堂々と自信ありげに伝えられてこその融資成功となります。逆に面接でロクに受け応えできなかったがために、融資にコケちゃったという事例って良くある話(良く聞く話)です。

 

ちなみに、飯島が関与した事例ではコケちゃった事例はいまだにゼロなんです。

理由は?

ずはり、毎回必ずこの特訓をしてから送り出しているから・・・だから当然なんですけどね。

 

要は、計画書式ではなく、

「この人、しっかりしているなぁ。この人なら経営者として、きっとやっていけそうだ」

という印象を与えられない限り、融資は失敗に終わってしまうか、大きく希望額を減額されてしまうわけですね。

 

さて話を戻しますが、今回のこの理容師オーナーさんだけに限らず、

過去すべての開業オーナーは誰でも初回の特訓時はガタガタなんです。

ほんと、当の本人が「あれ〜???」って戸惑うほどです。

「僕、こんなにしゃべれないとは・・・」と落ち込むものなのです。

 

ところがです・・・やっぱり練習というのは凄い!

 

3回目ぐらいから、何かが憑依したかのように口が回りだす。

しかも何か自信のオーラをまとったかのように思えるように豹変し始めるのです。

 

さて、今回のオーナーさんは実にトータル6回目の特訓となったわけですが、

多くの開業者さんは、だいたい4回程度で本番に向かいます。

 

しかし、今回はご夫婦のリクエストもあり合計6回の稽古をつけさせていただきました。

ご自身たちで自覚するほど「このままではヤバイ」と感じたからこそのリクエストだったわけです。

 

しかしまぁ、さすがに本日の仕上がりを見て、飯島はとても感心しました。

太鼓判押して明日の本番に送り出すこととなりました。

 

ほんと、信じられないほどの成長っぷりでしたよ。しつこいようだけど、本当に『別人』

 

このように毎回ながら短期間で急成長を遂げるオーナーさんたちの姿と向かい合う度に、

飯島自身ががパワーをもらって一緒に成長させてもらったという実感があります。

この融資コンサルティング(面接特訓)、本当にやりがいがあります。何回やっても飽きません。

 

Hさんたち、明日、がんばって!

 

この結果は近いうち、しっかりご紹介します。

 

武蔵浦和・中浦和・浦和のど真ん中の理容室MOLGECO(モルジェコ)のHP・・・10/3追記

https://molgeco.com/


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

申込みはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/bhfreeseminar


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm