10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

コラム

【最近のbh風景】ご夫婦美容師さんのコンサルティング

今年からコンサルスタートしている美容師さんご夫婦もZOOMで進行中

こちらのご夫婦も今年1/28に無料相談で出会ってから、コロナ自粛中もずっとコンサルティング対応してきた方々です。

昨日7/7は、日本政策金融公庫の書式として添付可能となる収支シュミレーション。これを3年分作成する実習を行いました。

事前に、オーナーさんにご自身で何度も書き込みをしていただいておいた3年分の売上や出費の推移を聞き取りながら、

画面上で飯島が清書、添削、アドバイスしながら修正を加えていき、2時間のセッション終了後には、オーナーさんの手元に完成版をメールで送るという流れのコンサルセッションでした。

 

こちらのご夫婦、2/3にレクチャーからスタートし、このセッションですでにトータル21時間超えのカリキュラムを進んでまいりました。

 

当初はもうこの段階で出店計画に取り掛かっているという希望を持っていたご夫婦でしたが、コロナにより今年の開業を見合わせ、来年の開業計画に延期することにしていました。

 

しかし、一進一退のコロナ事情に心は揺れているようで、現時点でも来年にすべきか?それとも今年中に着手すべきか?あらためて迷い中とのことでした。

 

相変わらず飯島のアドバイスは、どちらであってもすべてオーナーさん達次第。今動くなら動くなりのサポートがありますし、来年であれば、それまでに準備を完璧にしておき、いつでもスタートダッシュがかけられる段階にしておくというサポートになります。

 

正直、今か来年か、その結論を焦る必要はないとアドバイスしました。

小さなお子様を持つご夫婦にとって、気と期の両面が充実した瞬間が開業のベストタイミングのはずです。

 

今は、とにかく準備しておくべきことをすべて整えて、「出番待ち」の心境でいましょう。

その準備をお手伝いするのが飯島の専門ですから。

 

このご夫婦さんたち、ひとまず時期はさておき、物件探しを始めているそうです。

物件を血眼になって探すというより、常にモニターして絶好の出物があれば一気にスイッチを入れるといったかんじで構えていましょう。

 

ご夫婦はすでにレクチャーパートのカリキュラムはすべて消化済み。

 

次回以降は、すべてご夫婦のタイミングで、

不動産物件の検証、ある時は融資の書式の下書き、その都度発生するお悩み相談etc…

出店候補物件にたどり着くまで、基本回数無制限(コロナにより現在の特例)で対応していくことになります。

 

引き続き、共に歩んでいきましょう!


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/bhfreeseminar


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm