10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

コラム

【最近のbh風景】6月最終日のコンサルティングは久々ZOOMではなく対面対応

6月最終日、久しぶりに美容師開業者さんbhに来社でコンサル!

ZOOMのおかげて4〜6月の微妙な期間ではありましたが、それなりに忙しくさせていただきました。

この混乱の期間、bhオフィスへの来社は、もちろんゼロ。

 

飯島もオフィスに来る機会は本当に少なく、

時折掃除に来るとか、自宅で詰めて作業していると気が滅入るので、気分転換で来社したり・・・

振り返ると、オフィスと自宅が5分程度の近所なので非常に助かりました。

 

自宅は代々木八幡宮にもとても近いのです。八幡宮とオフィスのちょうど中間地点が自宅。

すなわちオフィスから八幡宮までも10分程度という感じです。

 

このステイホームの期間、八幡 宮に参拝に出向いたり、オフィスに出向いたり、代々木公園や街中周辺を走ったり、

主にそんな日々でした。

 

ちなみに、今年の1月6日から自身で目標を立てたことがあります。

せっかくの近所なのだからと、代々木八幡宮には、できるだけ毎日参拝というチャレンジをしてみることにしました。

 

1月中は2日だけ仕事で行けない日がありましたが、2月以降から完全に習慣付きました。

2、3、4、5、6月は完全皆勤で参拝達成!

さすがにここまできたら、大晦日まで全日皆勤を目指している次第です。

 

それはさておき、本題です。

6/30、久しぶりにコンサル生さんの一人がbhのオフィスへ来社でのコンサル対応を希望されました。

この開業者さん、去年の10月16日に無料相談にいらしてくれた方で、

11月から「レクチャー&コンサル」のコースを申し込んでくれました。

そこから3/18までかなり精力的に飯島の元に通い、レクチャー他、多くのカリキュラムを消化し前進しておりました。

そして、3月に入り、いよいよ本格的に出店物件を探し始めた矢先の緊急事態だったのです。

 

これ、彼だけの話ではないのですが、コロナが収束するまでしばらくコンサルもお休み期間として、再び落ち着いた頃に計画再開したい。

という要望がほとんどでした。

 

通常はレクチャーとコンサルは半年という期間制限を設けているのですが、

流石に今回ばかりは杓子定規な対応するわけにはいきませんよね。

 

今現在、対応させていただいている開業相談対象のコンサル生のみなさま全員に対し期間制限を外しました。

もちろん、2年〜3年経過しても期間制限なしというわけにはいきませんけどね。

しかしながら、世の中の状況を見つつ、柔軟な対応をしていくというお約束をしております。

(今後エントリーする方に対しても期間制限は柔軟対応するつもりでおります)

 

さて、今回久しぶりにお会いした若き美容師オーナーさんですが、

今から計画を進めるべきか、それとも来年以降に計画を見合わせるべきか、

本当に悩んでおりました。

 

今の時期に開業するのは世の中的にも多大なる混乱が伴うわけです。

誰でも当然デメリットばかりが頭を巡りますよね。

 

しかし、この混乱の時期であっても事業を好転させている人もたくさんいるわけです。

こんな時期だからこそというチャンスと捉えている人も決して少なくないのです。

 

ちなみに・・・

飯島と共に開業を果たした歴代美容師さん、理容師さんたち・・・

もちろん全員ではないかもしれませんが、聞くとほとんどの店が少なからず混乱があるものの

比較的、順調な運営ができているという報告が目立ちます。

 

多くの場合、行き詰まった、ぶち当たった、という時には飯島へ相談の連絡が入ることが多いのですが、

不思議なくらい、この期間切実なる困窮の連絡が入っておりません。

 

むしろ・・・

このタイミングで従業員を増員したいけどいかがだろうか?・・・とか

おかげさまで、なぜか6月は過去最高の売り上げを達成できた!・・・とか

うちの店は、ありがたいことにそんなにダメージを受けていないです・・・とか

できなかったことに着手して充実しています。常に余剰金を残す習慣を最初に教えていただいて改めて感謝してます・・・とか

 

あらら?そうなの?

という声の方が多い?・・・うん確かに、そういう報告の方が間違いなく多いです!

これ、嘘じゃなく本当にそうなんです。

 

だから、この日のオーナーさんには、そんな歴代開業者さんの実の声や、どう運営に取り組んでいるとかのケーススタディも含め、

様々な事情を織り交ぜながらの2時間ビッチリアドバイスでした。

 

 

本人曰く、この日はノウハウや攻略法を学びに来たのではなく、

「やや下向き加減のテンションをリセットして飯島さんに元気を注入してもらうために来ました」と語ってくれました。

「なるほど、だからZOOMじゃなく、直接対面を希望したのですね」

こんな会話を交わし合いました。

 

今年中の開業か?それとも先送りにする開業か?

オーナーさん、ここは大いに悩んでください。



ご自身でしっかり決断することができれば、どちらの選択肢であっても絶対に正解です。

私は、選択肢それぞれに応じた異なるアドバイスがまだまだたくさんあります。

決めるのを手伝うことはできません。決断のためのヒント、手助けはできます。

 

引き続き、飯島由敬の利用法、利用価値、十分に使っちゃってください。

お帰りになる時、オーナーさん確実に元気になってましたよね。

 

また次回、よろしくお願いいたします!


【決して潰れない美容室を開業するための7つのメソッド習得セミナー】

毎月定期開催中!申込みはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/bhfreeseminar


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm