10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

ニュース&トピックス

セミナー情報

【セミナー情報】5月最終週はすべて女性美容師の連続ZOOM対応

5月の最終週、セミナー、相談、すべて女性美容師さんへの対応でした。

 

新型コロナの蔓延により、bhも試みとして始めてみたZOOMによるリモートセミナー。4月と5月は飯島由敬自身がそのZOOMによるセミナーの進行に手探り状態だったこともあり、通常のセミナーを無料でご提供させていただきました。

その無料最後となる5月25日と26日の両日、滑り込みで申込してくれた受講者さんがいずれも女性でした。

これは勝手な想像ではありますが、ZOOM対応にしたら女性はセミナー受講がし易くなるかもしれません。なんとなくそんな気が。

それ、一理あるのか、たまたまなのか、本当のところはわかりませんけど。

さてさて、早いものでその無料によるセミナー期間も終了し、6月からは再び有料対応となります。

結局4月、5月中にセミナー受講してくれた方々の数名が、今後の飯島由敬のサポートを希望してくれました。その継続サポート組みはすべてが「レクチャー&コンサルティング」のセットメニューでスタートとなりました。今年中の開業する計画の人もいれば、来年の計画の人もいます。

いずれにしても、飯島は開業が数年先であっても今のうちに正しい知識を得ておくことの重要性を毎回説いております。ご自身の開業計画が半年〜2年先であるなら、なおさら今すぐ、なんらかの情報収集(私から学ぶことも含め)に着手すべきだと考えています。

過去の100以上におよぶ実例を振り返ってみても、半年以内の直前からの駆け込みの場合、あんまり良い傾向がみられません。今のうちに正しい情報、知識、進め方を得ておいてから到達する2年後と、間違えた思い込みのまま迷走して辿り着く2年後では、思いっきり別人です。

もちろん、直前の駆け込み相談者はこの後者にあたるわけです。

普段私は、「繁忙状態であればサポートを請負できないことがある」とお話ししておりますが、実は本当の事情をお話しいたしますね。

特にこうした直前駆込み相談者の場合、すでに救いようがない状況に陥っているか、親身にアドバイスをしても冷静に受け取れる平常心を失っていることが多いのです。

仮に、この段階から私がサポートに入ったとしても恐らく無理だろう、救済不可能と判断した場合、「多忙の為ごめんなさい」と方便を言いながら丁重にお断りしているんです。

何事も、何かを成し遂げるには、ずっとずっと手前の段階からの緻密な準備次第だと思います。

 

実際の行動はずっと先の計画であったとしても⤴︎

情報収集はいつやるの?・・・○○でしょ!・・・ヤバイ、ちょっと恥ずかしい(汗)

5月中も飯島を頼ってセミナーや相談の門を叩いてくれた美容師さん、理容師さん、

まだまだコロナの不安定な時期ではありますが、おかげさまで自分自身の役割を果たせる充実した日々にできました。

この場を借りて感謝申し上げます。本当にありがとうございます!

 

↓セミナーほんの少しだけダイジェスト動画

決して潰れない 美容室開業7つのメソッド教えます!・ヘアサロン開業基礎知識セミナー

1. 開業ってどう進めるの?
2. 事業計画の立て方
3. 自分に適した規模のサロンとは?
4. 融資の基礎知識
5. 出店物件探しのチェックポイント
6. 店舗づくりの進め方
7. 開業に必要な期間や退職の時期

毎月定期開催中!申込みはこちら(5月中の開催はZOOM限定・無料です)

https://peraichi.com/landing_pages/view/bhfreeseminar


公式Lineご登録お願いいたします。有益な情報配信しております。

 



■無料メールマガジン「ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道」

登録はこちらより↓

https://24auto.biz/bhmel1148/touroku/entryform1.htm