10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

よくある質問

「無料相談」はどこまで相談して良いの?
誰でも独立開業は何をから始めればいいの?という漠然とした疑問を抱えています。とにかく、お気軽に、なんでもご相談ください。知りたいこと、素朴な疑問の数々を明確にするための場です。90分までの時間制限はありますが、まずは何でも投げ掛けて下さい。可能な限りアドバイスします。また、いきなり有料の「レクチャー」や「コンサルティング」の検討前に、まずは飯島に直接会って「この人、大丈夫なの?どんな人?」を確かめる目的で利用している方も割と多いですよ。実際、過去歴代開業者の成功事例のすべてがこの無料相談からのスタートでした。
「定期開催のセミナー」と「レクチャー」の違いは?
「定期開催のセミナー」は、最初の第一歩となる独立開業~出店~運営に踏み出す為の初心者向け正味90分基礎知識に焦点を絞った講義内容です。「レクチャー」は、全8項目の講義を用意しており、全講義受講するには14時間におよびます。
「レクチャー」と「コンサルティング」の違いは?
「レクチャー」は学ぶための講義。安全で確実な独立開業ノウハウ、計画の進め方など、全て授業形式で行います。原則としてbh飯島より受講者様の情報や計画概要を聞き出すことは一切いたしません。ひたすら一方通行の情報提供です。一方、「コンサルティング」は、開業者様一人一人に対しての個別指導、個別アドバイスです。計画概要他すべて詳細に把握させていただくことになります。開業計画は人それぞれ異なった計画のはずですので、「あなたの場合なら開業に向けどういった行動をすべきか」という視点で常にアドバイスし続けるパーソナルトレーナーのような立ち位置です。「レクチャー」は学ぶだけのコース。「コンサルティング」は飯島と共に計画立ち上げを手伝ってもらうコースとなります。bhではこの両方を組み合わせた「レクチャー&コンサルティング」のセットサポートメニューも複数用意しております。詳細や料金等は無料相談やセミナー受講時にお問い合わせください。
開業時期は1年以上先の予定ですが「レクチャー」はいつ頃に受講すべきですか?
実際の開業計画が仮に2年先であっても本気で取り組むつもりなら「レクチャー」受講は今すぐ受講をお勧めしております。よく開業直前になってから依頼してくる事例も多くありますが、開業者が自分の判断で進めてきたその時点まで行動がとても悪く、すでに軌道修正が出来ない状況に陥っているような事例が非常に目立ちます。とにかく一番先に安全なノウハウと行動の手順を把握した上での2〜3年後であれば、まず道を外すことなく安全なプロセスを進んでいくことになるはずです。過去成功実例のオーナーたちは、ほとんどが開業の数年前に「レクチャー」を受講し、的確な準備のもと安全に開業した事例ばかりです。
「コンサルティング」だけの依頼は可能ですか?
原則として「レクチャー」の一部の講義を必須受講していただくことが「コンサルティング」請負の最低条件となります。最初から「コンサルティング」のみの請負はできません。
「コンサルティング」では、あらかじめある程度計画書ができていないダメ?
いいえ、ご自身が描いている希望や理想をボンヤリと語れればそれで十分です。飯島と情報共有しながら、しっかり計画の概要をキャッチし曖昧な部分を明確にします。漠然としていた曖昧な夢の部分を実際の計画に変換し、先々の行動計画を作成していきます。bhの歴代開業者たちはこの段階で明確化した計画通りに開業をされています。誰もが目指す方向性をしっかり持っていても、それをうまくアウトプットできません。まとまっていないと思える計画でも飯島とのセッションを通して必ず明確化になります。
以前HP公開されていた「融資コンサルティング」って今でもお願いできるの?
はい、サポート可能です。この「融資コンサルティング」は、現在bhのメインのサポート内容としていない為、HPから削除しております。内容は、日本政策金融公庫や銀行の融資の事業計画書式の作成代行、各種見積の依頼〜添付、図面作成、市場調査の資料、収支計画表など、各機関の融資に必要な要素をすべて資料作成します。そして実際の融資面接の模擬予行特訓を複数回行う。これが主な内容です。これは現在「コンサルティング」を通して、融資を確実にしたいという強めの要望に対してのみお手伝いしているサポートメニューとなります。ご興味がある方は無料相談、あるいはセミナー受講時に料金等お問い合わせください。
「プロデュース」の費用には、店舗デザイン設計費用も含まれるのですか?
店舗デザイン設計業務は「プロデュース」の業務内容の中に付加されるものではなく、基本的に店舗デザイン設計は開業者様で個別契約していただくことになります。これはグラフィックデザイナーに関しても同様です。店舗デザインもグラフィックデザインもそれぞれ担当者はbh飯島由敬の監理下で指示に従ってもらう形になりますが、「プロデュース」の請負費用の中に店舗デザイン設計費用は含みません。
最初から「プロデュース」を依頼したいのですが可能ですか?
残念ながら、いきなり「プロデュース」の請負お約束はできません。「プロデュース」に関してはいくらご要望をいただいても、実質上の開業計画スタートは出店物件が決まらないと進められません。したがって、その段階までは「コンサルティング」を通して計画をお互いに共有していくしかできません。また物件は必ず意図した時期に決まるとは限らず、先々の予定は常に流動的となります。確実なお約束は出来ずとも、ご意向だけは発していただいている開業者さんも多くいらっしゃいますが、残念ながら物件が見つかった際、bh飯島由敬自身が繁忙期に入っている時は、残念ながらお断りする事例もあります。何事ご了承ください。
飯島さんのサポートを受けるには「プロデュース」しかないの?
現在は「レクチャー&コンサルティング」の組み合わせのご依頼による半年前後の期間にわたるサポートが多いです。2000年創業より2019年までは「プロデュース」業務をメインとしていましたが、開業者さんにガッツリとセコンドの如く付き添うスタイルのプロデュースは、どうしても年間で5〜6事例が限界でした。ご依頼に対しお断りする事例もいくつかあり、なんとかして欲しいという要望も数多くいただいてまいりました。そこで、より多くの美容師さん、理容師さんへのサポートできるような体制の見直しにより2019年以降「レクチャー&コンサルティング」を主なサポート商材に切り替えた次第です。とはいえ、プロデュースを今後一切請け負わないということではありません。強い要望によりどうしてもお願いしたいというリクエストに対してのみ慎重に検討させていただく体制としております。ですが、繁忙状態となると、複数のコンサル生のサポートに気が回らなくなることを大変危惧しております。したがって飯島自身のスケジュール事情により、その都度判断させていただくことをご理解いただいております。
飯島さんが「プロデュース」を請けてくれない時はどうしたら良いの?
「レクチャー&コンサルティング」を通して一定期間のお付き合いをしたコンサル生さんに限りますが、通常bhのプロデュースで飯島由敬の右腕&左腕としてたくさんの開業事例を支えてきた店舗デザイナー、グラフィックデザイナー両名をマッチングさせていただきます。以後、私がセコンドに付けなくとも、計画の進め方など完全に精通しているこれらの人物が飯島由敬プロデュースの進め方同様に手厚いサポートをしてくれます。多くの場合は、出店物件決定段階以降はバトンタッチし飯島のサポートはこの段階までという流れとなります。
店舗デザイン設計のみのお願いは可能ですか?
飯島由敬は元店舗デザイン設計者(店舗デザイナー)として活動し、bhの前身会社は店舗デザイン会社であったこともあり2019年までは店舗デザイン設計の請負も行っておりました。しかし現在は請負しておりません。ご要望の際はプロデュースで長年飯島由敬とサポートを共にしてきた店舗デザイン設計担当の藤井真哉への引き合わせをいたします。もちろん藤井真哉も繁忙期などで請負不可能な時もあり得ますが、基本的には飯島からの橋渡しにより優先枠で対応してもらえる提携関係を結んでおります。
店舗工事も請け負っていただけるのですか?
bhは工事業者ではない為、店舗工事の請負はできません。「プロデュース」を通して飯島由敬の監修のもと店舗デザイナーとの連携により原則として複数の工事業者に入札(競争見積)を行い業者選びをします。原則として特定の工事業者を起用したりマッチングするのではなく、まずは店舗デザイナーをリーダーとした監理体制を構築した上で工事業者を計画の都度に選出する方法を追求します。もちろん「プロデュース」請負となった際は、それらの監理・監修業務はすべて飯島が担当することになりますが、「レクチャー&コンサルティング」後、飯島由敬から店舗デザイナーへの橋渡しとなった際は、それらの業務は店舗デザイナーが引き継ぐことになります。