10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

独立開業事例紹介プロデュース事例紹介

K-BOSE・開業までの軌跡 開業までの足あと

K-BOSE・開業までの軌跡

開業までの足あと

青森県八戸市南白山台1-5-36-101

http://www.k-bose.com/
オープン
2017年3月7日
店舗面積
15坪
受講コース
フル・プロデュース

オーナー高屋敷圭司さん40歳

K-BOSE・開業までの軌跡

K-BOSEのオーナー高屋敷圭司さんの開業計画は開業の10年半前までさかのぼります。2006年7月31日に理容室開業のレクチャー受講してくれました。一度は大宮方面で物件を決め、当時はフルプロデュースの着手まで進んでいた計画でした。しかし、青森出身の高屋敷さんは自身の開業計画を両親に告げておらず、着手後に開業の意向を伝えたところ、両親の大反対があったのです。お母様の体調不良もあり、青森に戻って家業の理容店を手伝ってほしいという切実な事情に直面したのです。当時飯島はその開業計画を一旦取りやめる事を提案し、計画を白紙に戻したのです。高屋敷さんは混乱しつつも青森に戻る決心、帰省し実家のサポートすることになったのです。それから長きに渡り、幾度も青森での開業計画を飯島に相談してきましたが、計画不足により毎回ストップをかけ続けました。そして10年後遂に計画の準備が整い両親の承諾もあり、2016年9月より事前プロデュースから再び計画がスタートしました。出店地は青森県八戸市に定めたのです。しかし、青森という遠方でのプロデュースになるので、毎回bhに上京してもらうと予算上、交通費だけで多大な出費となってしまうことが危惧されました。そこで、bhチームが青森に出張する回数を最小限にし、また高屋敷さんが東京に来る回数も同じく最小限にする為の措置を思案し、ほとんどの打合せはスカイプを使って行われることになったのです。

2016年10月10日(月)フルプロデューススタート~コンセプト構築

スカイプは非常に便利なツールで、bhでも愛知県在住の販促グラフィックデザイン担当の辻井とは毎回スカイプを使って打合せをしています。最初はスカイプのセッティングをサポートし、高屋敷さんの計画はスタートすることが出来ました。関東近郊の計画と同様に、最初はコンセプトの構築から始まりました。この日の打合せは18:30~20:30(2時間)

2016年10月14日(金)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備

すでに店舗設計と、販促グラフィックの打合せは始まっていますが、開業資金調達の借入準備もすべてスカイプでの打合せで進められました。遠く離れていても、不自由なく情報交換ができ、想像に反し、順調に進められました。この日の打合せは19:30~22:10(2時間40分)※写真撮り忘れ

2016年10月17日(月)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備

この日から、わざわざ藤井がbhに来なくとも飯島、藤井のオフィス、辻井の自宅、高屋敷さんの自宅の全4箇所をすべてスカイプで繋ぎ、なんとも特殊な方法で打合せが進められるようになりました。そして店名もK-BOSEに決まりました。「ボーズ」とは坊主頭の音、また高屋敷さんは毛髪診断士の肩書を持っているため頭皮ケアに力入れるコンセプトから「毛がボーボー生えてくる→ケーボーズ」という意味合い、高校時代は坊主頭だったという高屋敷圭司の「K」のニックネームから導き出されました。この日の打合せは13:00~18:00(5時間)

2016年10月24日(月)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

この日の打合せは15:30~18:30(3時間)※写真撮り忘れ

2016年10月31日(月)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

この日の打合せ、15:00~20:30(5時間半)

2016年11月7日(月)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

この日の打合せ14:00~19:00(5時間)

2016年11月14日(月)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

この日の打合せ14:00~18:00(4h)

2016年11月21日(月)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

13:00~20:00(7時間)※写真撮り忘れ

2016年11月28日(月)店舗デザイン設計&販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

この日で店舗デザイン設計は終了し現地の工事業者さんで競争見積(入札)するために設計図面を完成させる段階となりました。通常通りグラフィックデザインも打合せが行われた後、融資借入の面接トレーニングと続きました。実は高屋敷さんの計画は創業融資に大変てこずりました。関東地方とは融資機関の考え方も異なり、なぜテナントを借りて開業するのかという部分でかなり難色を示されたのです。青森地方では、自宅兼店舗の方が安全であるという見方が強く、経営面ではリクスが高いという基準が根強くあるようでした。地域によって融資機関の見方の違いに幾度も高屋敷さんは混乱し、平常心を保てなくなっておりイライラが続いていました。この日の打合せは13:00~19:00(6時間)

2016年12月5日(月)販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

すでに入札の準備に取り掛かっている藤井を除き、この日はグラフィックデザインの打合せと借入準備だけの打ち合わせとなりました。13:00~18:00(5時間)

2016年12月6日(火)藤井出張~競争見積(入札)

本来なら物件特定の段階は必ず飯島が現地に出向き細かいチェックをするのですが、今回は遠方ということもあり、その検証はすべて高屋敷さんとの連絡と情報交換のみで決定したものでした。しかし、入札に関してはさすがに連絡だけでは不可能です。いよいよ藤井が青森入りし、現地の工事業者を集め、見積説明を行いました。

2016年12月12日(月)販促グラフィックデザイン打合せ&借入準備(面接トレーニング含む)

引き続き、スカイプ打合せが続いておりました。この日の打合せ、15:30~19:30(4時間)※写真撮り忘れ

2016年12月22日(木)ホームページ準備&借入準備(面接トレーニング含む)

この日は高屋敷さんと飯島のみスカイプでホームページ制作の準備打合せを行いました。この段階までまだ借入の動向が揺れ動いておりました。それほどまでに難航する借入は非常に珍しいケースでした。※写真撮り忘れ

2017年1月9日(月)工事見積~減額調整

フルプロデュースで毎回行っている最大の難関が減額調整です。細かい予算組の中で工事費に割り当てられる予算は開始前から明確にしてからこの段階に入ります。この時が、高屋敷さん初の東京出張で1泊の予定です。このタイミングで愛知より辻井も上京し、メンバーが一同に揃う日にしました。もちろん、減額調整前にようやく創業融資の決定も出ておりました。減額調整は融資が決定していない限り進められない打合せです。融資決定で記を良くしたのもつかの間、高屋敷さんの減額調整はあまりにも難航を極めました。通常ですと、計画の途中で食事会を開くことは無いようにしているのですが、おそらく辻井を含めて一同が集まれるのはこの日だけということもあり、特例で夜は飲みの席にしました。

2017年1月10日(火)クレジットカード決済会社契約~顧客管理POS契約

1泊出張の高屋敷さんは減額調整の翌日もbhに来社、ここでクレジット決済会社との契約、サロンPOS導入の契約を行いました。もちろんこれらはすべてbhの引き合わせです。

2017年1月13日(金)再減額調整

1/9に一旦は減額調整で予算組が決定されたのですが、高屋敷さんの心理的な混乱はこの数日で大きく膨れ上がり、さらなる減額の為の打合せを行うことにしました。もちろん藤井も参加しながら再びスカイプ4箇所での打合せです。打合せは17:00~22:30(5時間半)手持ちの予算範囲内で可能な限りできることを追求するのが減額調整の特徴ですが、どの開業オーナさんも同様に混乱するものです。設計段階で一旦リクエストしたお気に入り要素が次々と削られているこの作業は本当に辛いのです。高屋敷さん、テンションが戻るまで非常に時間を要しました。※写真撮り忘れ

2017年1月16日(月)減額に応じた設計調整(設計変更)

どんなにやりたい事、残したい事があっても予算が足りないのですから仕方がありません。このジレンマを克服するのも経営者に為るために必要な意識改革といえます。泣く泣く欲しかったデザイン要素を妥協し、その変更部分や改善策部分を再設計し反映させていく打合せとなりました。この日の打合せ15:00~18:00(3時間)※写真撮り忘れ

2017年1月24日(火)現場視察~保健所訪問・藤井2度目の出張

高屋敷さんの心もようやく落ち着き、設計変更後、工事契約の額面変更(再契約)も済み、いよいよ極寒の地、八戸の物件にて工事がスタートしました。藤井2度目の出張です。この機会を使って高屋敷さんを連れ、現地の保健所に許可申請と工事の相談に出かけました。

2017年1月28日(土)工事現場の様子

※写真提供:高屋敷さんのブログ

2017年2月1日(水)HP、ブログ、SNS、PC全般の操作法トレーニング

すでに工事も進行中、グラフィックも入稿手続き済の為、飯島個人指導によるPCのトレーニングを行いました。もちろんこれもスカイプで指導です。14:00~17:30(3時間半)※写真撮り忘れ

2017年2月2日(木)現場視察~藤井3度目の出張

藤井3度目の出張、再び工事の進行状況チェックに合わせ高屋敷さんも現場視察です。

2017年2月7日(火)現場の様子

※写真提供:高屋敷さんのブログ

2017年2月9日(木)現場の様子~販促グラフィックデザイン成果物到着

※写真提供:高屋敷さんのブログ

2017年2月13日(月)工事引渡~藤井4回目の出張

工事が終了しました。工事引渡ですが、これも本来なら飯島が同行するのが通例ですが、高屋敷さんの遠方地開業計画予算節約のため、引渡は藤井1名のみで行いました。

2017年2月17日~3月3日 シャンプー練習、開設届、ポスティング、施術練習、クレジットカード決済準備完了

高屋敷さんは開業準備に向けてbhの指導どおりに行動していました。施術練習に関しては10年前に開業に反対したお父様が協力してくれたそうです。(写真3段目右)

※写真提供:高屋敷さんのブログ

2017年3月5日(日)写真撮影~飯島出張(初)

オープン2日の段階でようやく飯島が初めて八戸に出張しました。カメラマン秋山雄一氏

顧客管理POSの会社・エクシードシステムの坂田氏同行で関東地方と同様に完成店舗の写真撮影~打上げの会を行いました。高屋敷さんの奥様とお子様も交えての宴会でした。また、せっかく遠方まで来たのですから、高屋敷さん一家が帰った後、飯島、藤井、坂田3名で八戸夜の横丁で夜中まで飲み続けました。

2016年3月6日(火)オープン前日

翌朝、オープン前日で準備中のKーBOSEに顔を出し東京への帰路に付きました。

2017年3月7日(水)K-BOSE オープン

高屋敷圭司さん、苦節10年の時を経て遂に開業を果たしました。10年もの期間、常に飯島を頼って何度も相談してくれたことに大変嬉しく思います。おめでとうございます!

※写真提供:高屋敷さんのブログ

 

↓ここからは開業後

2017年3月8日~3月29日 開業直後の様子

知人の方からお祝いのケーキを頂いたそうです。(写真3段目左)また、開業から1ヶ月未満の段階ですが、早速地元の地方新聞がK-BOSEを取材に来たそうです。やはり八戸には珍しいほど目立つ店舗が登場したということの証でしょう。

2018年5月21日(月)高屋敷圭司さん来社

関東地方の開業では、開業後半年後、1年後に店舗を訪問するのがbhのフルプロデュースですが、さすがに青森ではそれが難しく、保守や運営相談などもすべてその都度スカイプで行われてきました。繋げば毎回2~3時間の相談になることが多く、実際のところ実対面のやり取りこそ最小限でしたが、スカイプを通して対話した時間はおそらく過去最大です。時にはスカイプで深夜まで話し合うこともありました。そんな高屋敷さんが先日、技術講習の為に東京に出張しました。ちょうどその時、2006年6月開業から12周年目のフルリニューアル工事を計画していた上板橋美容室・彩会堂の青山真也さんの減額調整の日でした。高屋敷さんは青山さんに以前からブログなどを見ながら色々な刺激やヒントを得ており、いつか会いたいと思っていた人物だったそうです。短い時間でしたが減額調整を一旦中断し、皆で談笑の楽しい時間を過ごしました。

高屋敷さん、東京に来る際はぜひまた立ち寄ってくださいね。訪ねてくれてありがとうございました。(記:2018年6月21日)


K-BOSE・作品写真