10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

独立開業事例紹介プロデュース事例紹介

BRUSH 理容室 神奈川県・鶴見

BRUSH

理容室

神奈川県・鶴見

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-6-7

http://www.brush-hair.com/
オープン
2013年4月18日
店舗面積
12坪

Concept

床屋はちょっとダサイ気がするし、美容室は女だらけで落ち着かない。そんな男心を満足させるための店が「BRUSH」なのだ。
BRUSHとはブラッシュアップ、すなわち磨き上げるという意味。
BRUSHの役割は、ヘアスタイルはもちろん、頭皮の悩みなど、切なる男心を満たし、より極上の男に磨き上げること。
男のための、男だけの、ワンランク上のメンズ・オンリー・ヘアサロンがBRUSHなのである。

オーナー原口太郎さん32歳

制作期間

  1. ヘアサロン開業セミナー受講
  2. ヘアサロン開業レクチャー及び事業計画診断受講
  3. プロデュース開始

セミナー受講~ レクチャー受講~診断~デザイン~工事完了~OPENまで約1年1ヶ月

※ 2012年3月27日開業セミナー受講時のコメント(アンケートより)
●今日はラッキーなことに1人だけでの受講ということで、その分、かなり個人的な疑問や質問に対する話が聞けてとてもよかったです。ヘアサロン開業において、知ると知らないでは恐ろしいほど結果に違いが出てしまうのだということを理解できました。自分はbhのことを知る事が出来て本当によかったと思っています。開業に向けて1歩も2歩も気持ちが進んだ気がします。こういう出会いというのはタイミングなので、まさに出会うべくしてであったと思っています。今日のセミナーをきっかけに、今後のレクチャー、診断、プロデュースとお願いしたいと思いました。どうぞよろしくお願いいたします。(当時31歳)

※ 2012年12月11日開業レクチャー受講時のコメント(アンケートより)
●3/27のセミナーに引き続き、本日レクチャーを受けましたが、開業に向けてさらに前向きに進める気持ちが高まりました。セミナーでも十分なほど深いと思っていたのですが、実際にレクチャーを受けてみて、さらにもっと深いノウハウがあるのだと実感しました。そんな深い内容に時間をすっかり忘れて聞き入ってしまいました。セミナーの時もそうでしたが、もうお腹いっぱいです。特に貫通力の話は心に響きました。bhさんに力を借りて本気で頑張りたいと思います。(当時32歳)

Photo

  • 鶴見のメンズオンリーヘアサロンBRUSHは、鶴見駅から数分歩いた商店街の中に位置する。
  • 2方向の道路に面しているため、こうした迫力のあるファサードを作る事が出来ました。
  • このスタイルの店構えのスタイルは、オーナー原口太郎さんが最初からbhに提示し続けていたイメージでした。
  • 一見みると、オーダーメイドの仕立て屋?を思わせるようなこの感じがたまらないようでした。
  • 入り口に象徴的に付けられた照明器具もこの雰囲気を作り出す重要な要素だった。
  • この大きな壁面はBRUSHのグラフィックを大胆に絵画風に模写した。町のランドマークとなってもらう事が狙いだ。
  • 入り口ドアの窓ガラスから覗いて見えるんです。いい感じですよね。
  • 左の理容椅子の小物が今回のBRUSHのグラフィックの中心となったアイテムである。
  • 入り口のドアを開けたら、このように店舗の主導線が眼に入ります。早速BRUSHの世界観に包まれますよ。
  • 入口付近にはアンティーク系家具店で、探しに探しぬいたレセプションカウンターがオーナー原口太郎さんのご自慢
  • 外からしっかり見える部分、見えない部分、そして待合中でも視線が完全にシャットアウトされて守られるプライベート感。
  • 入り口付近レセプションカウンターから一望できるウエイティングスペースや店販棚など。
  • 最も店の奥側、シャンプー椅子の前から入り口側を見た風景が素晴らしいですね。
  • 店内のカット椅子は2面、店舗面積自体12坪という狭い空間なのだが、狭さを感じさせること無く完成。
  • この理容椅子はオーナー原口太郎さんがこだわりぬいた品である。やっぱり理容出身だという誇りがあるんですね。
  • BRUSHには2つのシャンプーが存在する。一つはいわゆる伝統的なサイドシャンプースタイルの施術用である。
  • 理容のスタイルをベースにしたこの店は、こうしたシャンプー椅子の選出にも独特の視点で選び抜かれました。
  • BRUSHには2つのシャンプーシステムのもう一つ側。半個室になっている。
  • メンズオンリーヘアサロンにフルフラットスタイルのシャンプーが必要になるのだろうか?議題でした。
  • 原口さんは、開業までの期間にメニュー構成を何度も練り直し、様々な講習やトレーニングにも出向いておりました。
  • オーナー原口太郎さん。ここまでたどり着くのにbhとは約1年間の関わりが続きましたね。
  • 辻井泰子担当の販売促進用紙媒体
  • この撮影の日、グラフィック担当の辻井泰子が愛知より出張してきました。久々に全員揃っての記念撮影です。
  • 強いインパクトを残した外壁をバックに同じく記念撮影。飯島の両腕にはB・Hね

【プロデュース】飯島由敬

【店舗デザイナー】藤井真哉(アトリエリベロ)

【グラフィックデザイン】辻井泰子 (bh)

【ホームページ制作】飯島由敬


BRUSH・開業までの軌跡