10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業における周囲からのアドバイスには要注意

周囲からの意見がいずれ自分を混乱させる種になることもある

開業計画をたてる際、身近ですでに開業を果たした先輩や後輩、

同期の美容師さんなどの意見に耳を傾ける行為は少なからず注意が必要です。
何もわからない状況にあるわけですから、まずは身近の意見を参考にするのは当然といえるかもしれません。

しかし、周囲の意見は、
自分が考える開業規模とはまるで異なる事例であり、周囲の意見はあくまでも別次元の経験から得たノウハウなのです。
開業規模というのは店舗の面積もありますが、同時に雇用する従業員の人数も関与するものです。

雇用予定の従業員が経験豊富なスタッフなのか、

新卒者のような経験に乏しいスタッフなのか、

はたまた自分一人きりで運営をしていく計画なのかによっても規模もノウハウも大きく異なります。

仮に美容室開業の専門家のアドバイスであっても実は注意が必要なのです。
「一般的には月間売上の目標額の3割ぐらいなら家賃は許容範囲ですよ」

このある専門家が発するアドバイスが果たしてどれほどの規模の出店計画を基準に発している言葉なのかは非常に曖昧です。
単純にこのアドバイスを鵜呑みにして行動を起こしてしまうことも規模によっては危険なわけです。
例えば自分と未経験アシスタント2名で開業する計画で店舗面積は50㎡(15坪)程度の出店規模であれば、売上の3割の家賃は思いっきり高すぎることになります。自分以外の従業員を4~5名雇用し、30坪以上の大型店舗を構える計画であるなら、たしかに売上も大きくなり家賃も売上の3割でも良いだろうという判断になるでしょう。

 

専門家の意見であっても疑問を持つこと

問題なのは、専門家の意見は時として
小、中、大規模ひっくるめて、大枠の平均で語られていることも少なくないのです。
2名体制15坪程度の規模であるなら、開業1~2年の間は月間の売上100万円に到達するまで非常に苦労を伴うものです。

前述の基準で考えてしまうと、仮に当初の売上目標が150万円だとしたら家賃45万円でもOKということになってしまいます。

 

仮に月間500万円の売上を狙うような大規模店舗でその目標額に到達したのなら30%の家賃150万円という数式も成り立つかもしれません。

しかし、小規模~中規模の開業計画の場合は、この3割基準は明らかに間違えているといえます。

このように、売上目安の何パーセントというザックリとした基準や

専門家がいう一般的な基準はあまりアテにしてはならないのです。
知人の実経験が、自分と同程度の計画規模と思えても、実際に検証を深めれば基準は全て異なるはずです。
完全に同じであることはまずありえません。
自分の計画はあくまでも、他人とは異なる唯一の計画であるということを念頭に置き、

知人はおろか専門家の一般的な見解であっても、周囲のアドバイスはあくまでも、いたって一つの目安でしかないということです。

結局は、自分自身の計画を自身で検証するという姿勢が非常に重要なのです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事