10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業の物件選びにおいて客目線より自分の作業効率を重視してしまう美容師特有の基準

多くの美容師さんは、繁華街、商店街、駅前など人通りが多いところを出店の好立地と判断するものです。
美容師として育ってきた人は、とかくお客の目線より、自分が作業しやすいかどうかという基準の方を優先してしまう傾向があるのです。

物件探しの段階から、外部から店に辿り着くまでの周辺環境より物件の室内側を重視して選んでしまうのです。

施術椅子が何席用意できそうか?
シャンプー台は何台確保できそうか?
ウエイティングスペースは広く確保できそうか?

このように店側視点となる効率重視の判断基準が強くなります。

外部から店に来るまでの客視点を二の次にしてしまいがちです。
人目に付きやすい場所で店を構えれば、客は店の場所を認知しやすいはずだろう

だからなるべく人通りが多い場所が良い、様々な店が軒を連ねているところが良い、こう考えがちなのです。

しかし実際のお客さま側の基準で想像してみましょう。

人通りが多い道を歩いていて、

「あ、ここに美容室がある。さっそく入ってみよう!」という行為に繋がるのでしょうか?

昨今の世の中、お客さまは、店の位置を認識していても必ずホームページなどで事前に店の情報を閲覧し、施術メニュー、料金などを手軽にスマホを使って検証をした上で来店を決意しているのです。

外の見え方だけで来店に繋がるとはいえないのです。
駅前商店街等に面し人通りの多い立地において、仮に10~20メートル離れたところから店を見てみると、

沢山のお店に埋もれてしまい美容室は何処なのか?

店を見つけにくくなるということです。

また、繁華街なら外部の騒音も大きく賑やかであることも想像できますよね。

また、店の願いとして「極上の癒やしを得てもらいたい!」と掲げても、

繁華街のど真ん中ではなかなか落ち着かなかったり、

入りにくかったりという意識に繋がってしまうこともあるのです。

 

実は、繁華街に店舗を構えるより1~2本路地をずれて、

やや落ち着いた場所の方が結果的に有利だったりすることも大いにあるわけです。

 

はじめて来店するお客さまが、最初は店を探しながら訪れるわけですが、

繁華街で多くの店舗に埋もれている場所より、若干人通りが減り、周囲に立ち並ぶ様々な店も少ない路地の方が

10~20メートル離れた場所からでも店を見つけやすいということなのです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事