10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

独立出店に重要な「開業の動機」とは?

開業の核は「動機」にあり

独立開業、新規事業展開、事業拡大、新商品販売などなど、

何か今までと異なる状況を作り出そうとする際に絶対的に必要な要素が

「動機」

美容室開業においても日本政策金融公庫や銀行の融資の際、一番最初に問いかけられる部分がこの「動機」です。

「長年の夢だったから・・・」

「いつかは自分の店を持ちたいと思っていたから・・・」

融資機関は、実はそんな事を聞きたいのではないのです。
動機とは、

何故?

という問いかけのこと。

何故開業をする必要があるのか?

という視点で考えることが重要です。

多くの方が、この問いかけに上手な返答ができません。

一種のマインドブロックのようなものが邪魔しているのです。

融資機関側は、いち早く聞きたい言葉があります。

それは?

今までよりも格段に報酬をUPしたい!

これを聞きたいんです。だって、そう思っていない人って、

「絶対にこの人だったらやってくれる、貸したお金を必ず返してくれるはず!」

という判断に繋がらないのですから。

「動機」2つの視点その1

今までより自分の報酬を上げたい

これが
1つ目の動機となります。

私利私欲の部分

エゴイズム(自己中心)

これが最上級の答えなのです。

「動機」2つの視点その2

では何故、報酬を上げたいのか?・・・それは現状では報酬が足りないから!

現状では満足できない!現状の報酬では割にあわない!・・・ですよね?

現在勤務する店では予約詰め込みすぎ、品質が落ちる・・・もっと丁寧に施術したい。

薬剤が安価で粗悪ゆえ、お客の肌トラブル多し・・・安全な薬剤を提供してあげたい。

忙しすぎて、新しい技術講習を勉強できない・・・もっと勉強の時間を得たい。

等々、

これが2つ目の動機です。

これらは現状の

不満・不都合・不具合

1.報酬UP・・・エゴ(自己満足の心)・私利私欲
2.現状の不満・・・わがまま・まぁこれもエゴですね。

この2つがとても重要なのです。

エゴをひたすら垂れ流すことこそ

動機を明確にするということに繋がるのです。

あらゆるエゴを吐き出すことに自らが制限をかけている

誰でもこのあたりを発言することにマインドブロックがかかっているわけです。

お金を多く貰いたい、なんて、印象が悪い・・・
なんだか嫌な奴だと思われるのでは・・・

不満ばかり言っていたらダメな人間だと思われてしまう。
この人は自分勝手なことばかり言っている。

 

良いんですよ!

だからこそ、自分で開業すればそんな不満が解消される。
報酬も得られるし、自分の時間も今より作れる。
特に日本人はこうした、本当に欲しいものを奥にしまっている振る舞いが美徳のように捉えられる傾向が有るようですが、「夢は~」というような曖昧なビジョンを動機として発言するのでは逆効果ともいえます。

2つ目の動機(現状の不具合の改善)が目的に繋がる

エゴ丸出しで動機を語った上、どうせ報酬を上げるからには、かねてからやりたかった方法で報酬を上げる!

自分が考える理想のサービスで世の中へのお役立ちを果たす!

これこそが目的です。

 

有名な経営コンサルタントも言っています。

なにごとも、すべての始まりは【何故?】

【Big Why】と表現します。

それほど重要なのがこの動機なのです。

開業を目指す方は、的確に動機を発言できるように心を整理しておきましょう。

動機は今の不具合を語りましょう 。

目的は自分が本当にやりたかったお客様へのお役立ちを語りましょう。

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事