10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室の出店地は本当に繁華街が有利なのか?

繁華街が有利とは限らない

美容室の開業地は駅前、繁華街、商店街のような人通りが多いところのほうが有利なのでしょうか?

多くの美容師さんは、何故繁華街が良いと思うのでしょうか?

人通りが多ければお店の存在が認知されやすいから?

お店が目立てば人は来店してくるってことでしょうか?

そもそも人通りが多いところって“落ち着かない”と思いませんか?

駅前は乗降客が多いほど賑やかなのは言うまでもありません。しかし

来店率の助けになるかどうかは別次元なのです。

私がプロデュースし今だに長期運営を続けている美容室の事例の中で、実は駅前や繁華街の出店はほぼ1割未満です。

ほとんどのお店が、駅前から少し離れ、繁華街と住宅地の境い目のあたり。これが最も多い立地です。

駅前や繁華街がダメだと言っているのではありません。

要は、自分のやりたいことの実現に、

駅前が好都合なのか?住宅地が好都合なのか?

この基準がなにより重要なのです。

繁華街は、目指す路線に反することになりかねない

美容師さんが考えているお店づくりの基準に、

癒やしの空間を作りたい。
少しでもリラックスしてもらいたい。
穏やかな時間を過ごしてもらいたい。
なるほど、確かによくある狙いですね。
なのに、そう発言している開業者さん自身が、駅前のパチンコ屋の隣の物件を好物件だと捉えて惚れ込む・・・

なんかおかしくないですか?

それよりももっと基本的なところ、

何故、癒やすの空間が必要なのか?

何故、リラックスしてもらいたいのか?

というポイントから考えてみましょう。

最も重要なポイントは

誰に対して自分は役に立ちたいのかです。

若い女性が買物ついでにヘアサロンに立ち寄る?綺麗にしてお出かけを送り出してあげたい?
まぁ、これなら繁華街に出店地を定めるのは良いかもしれません。

しかし、小さなお子様を持つ、自分の時間がなかなか作れないお母さんのために、

美意識をキープしてあげるお手伝いをしたい!

時間制限の中で対応してあげたい!

やりたい事を果たすための絶好のロケーションが出店地であるべき

もし、それが自分と店の役割だと捉えるなら、駅前や繁華街は向かないことになります。

駅前より住宅地の方が有利になるわけです。

このように、

役に立ちたい客層に応じて、サービスも、価格も、店の雰囲気も、すべて全てが根底から変わります!

出店地として物件の決め手は、自分もたらす社会的な役割、社会貢献を整理するところが第一歩です。

美容室開業の成功は、

出店地次第ではありません!

出店地は、あくまでも役割を果たすための舞台であるということです。

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事