10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室の運営にレジスターは絶対に必要アイテムなのか?

小規模美容室にレジスターは本当に必需品なのか?

美容室開業する際にほとんどの開業者さんはレジスターの購入を検討することと思います。
しかし、レジスターって必要なものなのでしょうか?
レジスターは受付カウンターの上に置いてありピコピコ打ち込んで、ガチャーンとドロアー(レジの下側のみのお金を入れる金属の箱)が開き、そこにお金が入っているやつですね。

 

まずはレジスターの役割は何かを考えみましょう。

支払った料金の内訳明細がレシートで出てくる。

領収書かワンタッチで出てくる。
この内訳明細レシートは、そのまま店側の記録として入金記録の伝票として使えるわけです。

さすがに大型店で1日に何十人の来客があるようなお店なら、こうした入金伝票は役に立つでしょう。

しかし、20坪未満の小規模な美容室ならいかがだろう?

1日の来客も何十人になるほど大勢ではありません。

仮にこうした伝票が無くとも集計はそんなに苦ではないものなのです。

レジスターで印字される領収書について

一方、領収書についてはいかがでしょう。

領収書が欲しいというお客さまの割合はそんなに多くないはずなのです。

レジスター、無くても良いのではないでしょうか?

実際、最近の小規模美容室ではノートPCで管理している店が多いのです。
ノートPCで入金管理をして、レジスターは導入せずにドロアーのみ購入して対応する。

あるいは、受付カウンターをオリジナルで制作するのであれば、お金をしまうドロアーの役割はカウンターそのものに付帯させた鍵付きの引き出しを利用するという考え方もあるのです。

 

再び領収書に関してですが、
依頼がある都度に手書きで渡す。

たしかにレジスターから自動で印字される方が絶対に楽ですけどね。

しかし、お客さま側の視点としては、
若干味気ないもの

コンビニとかスーパーのような印刷されたアレですからね。

格式ある店の領収書は手書きのものが多い

比較してみてほしいのですが、

シティホテルとか、温泉旅館などはこのような領収書ではないと思いませんか。

きちんと手書きで丁寧に書いてもらい、専用の小さな封筒に入れて渡してくれる。

 

美容室もお客に極上の時間を過ごしてもらた後ですから、

この様な対応の方がリッチな気分ではないですか?

このようにお店を開業したらレジスターを絶対的な必需品と考えるのではなく、

自分が持つお店の規模やメインの客層への配慮を考えながら

導入すべきかどうかを決めましょう。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事