10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室独立開業過程の逆境は経営者になる為の「神の検定試験」がある!

開業までは順風なまま進むことは無い?

念願の美容室開業までのプロセス中には本当にヒヤッとする出来事、

もう駄目かもしれないと思えるような重大な出来事が起こる可能性を秘めています。

開業、すなわち経営者になる変わり目の時期は、

技術者から経営者に切り替わるために必要な

【神の検定試験】が存在するのかもしれません。

過去多くの開業事例に触れてきましたが、このような出来事が無かった人はいません。

開業者さん誰もが必ず何らかの形で直面してきました。

直面する問題の規模は、もちろん個人差がありますが、

開業オーナー個々に応じた規模の逆境に見舞われるとしか思えない気がするのです。

開業までの逆境実例

事例をいくつか紹介します。これすべて実例です。

工事中に発生する近隣問題で工事を進めることが一時的にできなくなり大幅にオープンが遅れた。

開業者のご家族の事情(生き死に)で、急に開業ができなくなってしまった。

不動産契約直前に、急に大家さんが「美容師さんには貸すの辞めた」と言われ予定していた物件を失った。

旧職場を辞めさせてもらえず開業時期が延びた。

まるで予測不能だったところから開業の妨害に見舞われ開業計画を崩壊させられた。

このような不測の事件、事故に開業者さんは想定外の出来事に心を揺らされ翻弄するわけです。

しかし、見方を変えれば、

さながら開業オーナーの覚悟、決意を再確認させるような出来事ばかり。

まるで必然的に降り注いでいる様にも思えるのです。

誰もが、通り過ぎれば逆境のおかげだと言う

不思議なもので、開業数年後に大成功をしている開業者さんたちとこれらの事を振り返りながらお話すると

「当時は本当に辛かったけど、あの時の出来事は今思えば本当に良かったと思える」と言います。

もちろん、これは一人や二人ではありません、何人もの開業者さんがです。

これを聞かされると、なんとなく

なにか見えないチカラが介在しすべて必然的に起こっていたのではないか?

と思えるのです。

開業とは安全に進めれば、労力をコントロールしつつ、効率的に利益を上げることが可能となります。

すなわち「時間とお金」という2方面で理想的な状況を手に入れられるもの。

しかしその理想はそう簡単には手に入れさせてもらいないんです。

手に入れるためにはそれ相応のテスト、試験、検定のような関門があるのではないでしょうか。

【神の検定試験】

ではないかと思うわけです。

誰にでも開業を遂行する時、自分に見合った大きさの難関があるかもしれません。

理想を夢見て楽天的な事を想像するのはもちろん必要です。

しかし、その逆のダークな部分も同時に存在します。

それを最初から過敏に恐れたり、ひたすらそれがないことを願うのではなく、

「自分にもこうした逆風があるだろうな」という想定をしておきましょう。

成功者が必ず通る道?それは「必要・必然・ベストなこと」かも

成功している人全てが何らか逆境を経験しているのだとしたら?

成功するには逆境が必要なのかも。

逆境が来ないと成功が出来ないのかも。

実際に直面したら本当に逃げ出したくなるほど辛い。しかし、それを通過した後、経営者になるための鍛えだったと思えるかも。
こうした神の試験的な試練や逆境はすべて

必要・必然・ベストであるのかもしれません。

自分にとって必要な事が、絶妙なタイミングで必然的に起こり、振り返ればそれはすべてベストな出来事だったと思える。

だれでも、思い出したくないほどの挫折や混乱は経験するでしょう。しかし、よく考えてみれば、それはすべて、

そのおかげで手に入ったものがあるはず。これはそんなお話なのです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事