10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業直後の心のイラダチは想定内にしておくべき

開業したらそんなにイライラするもの?

念願の美容室開業を果した後、
早速現実的な運営の日々に頭を悩ませることになるものです。
最近まで勤めていたお店では、毎日それなりにお客が訪れて忙しい日々を送っていたけど、

開業したら、想像以上に客足が延びないことのギャップに大いに苦悩するのは、

ほぼすべての開業者さんが直面することです。

開業直後はこれがあたりまえの出来事なのです。
特に開業して1ヶ月~3ヶ月の期間は、1日に一人もお客が来ない日もあるのです。

これも仕方がないことなのです。

現在お店に来てくれているお客さまでも最初にお店を選んで通うようになるまで、

まずはお店を一生懸命探し、お試しで来店して、気に入ったから再来する

というプロセスを踏んた方々ばかりのはずです。

全員この初期プロセスを通してやがてお店のファンになったのです。

開業したばかりの新しいお店、いきなりそのお店に出向き、

カット、カラー、パーマなど全てを組み合わせてた

フルバージョン施術を依頼してこないと想定しておくべきなのです。

お客との関係性を築くまでにはある程度の時間が必要なのです。

開業後3ヶ月ぐらいまでの時期での迷走は絶対禁物

一方お客さま側も、新しいお店ができたばかりの1~3ヶ月間、

「新らしくお店が出来たな」と店の存在は認識したものの、

実際に来店の決意をするまで、考えている時間があるはずです。

 

最も問題なのは、店側がこの手応えを感じにくい1~3ヶ月の苦しみから、

あらゆる方向変換をしながら迷走してしまうことです。

いきなり高額の広告宣伝に手を出したり、
一気に料金を下げてしまったり、

これをを初期の段階でやってしまうと、やがて徐々にお客さまが増えて忙しくなってきても、

肝心の採算が取れなかったり、

ただ忙しいだけの日々に陥ることになります。

開業したのなら、自らが描いていた理想の状態に到達するまでには、
それなりの時間が必要であるということを想定しておきましょう。
だからこそ、開業計画の段階で残しておくべき運転資金はこの苦しい日々を埋めるための余剰金として確保するものなのです。

どんな商売でも同様の法則があるもの

モノを販売をするための商品の仕入れは、

先行投資であり、この段階は出費しかなく、利益は後で回収する流れです。

開業後1~3ヶ月は苦しいことがあたりまえです。とにかく我慢の時期となります。

半年後の段階まで新規客をリピーターに育て上げることに務めましょう。

この重要な時期の迷走は10年以上の健全運営に繋がるか短命に終わるかを決定づけるのです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事