10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業で気に入った不動産物件が出たら家賃発生の日を遅らせろ

不動産に払う初期投資額には無駄になる家賃が含まれる

美容室開業を目指して出店希望地になかなか適合する物件に巡り会えないものです。

ようやく見つかったとしても不動産屋に「ここで借りたい」という宣言だけで進めていくと

早速物件契約に進んでしまうことになります。
不動産物件の契約といえば、
敷金、礼金、仲介手数料と共に、初月の前家賃が加算されることになります。

一気に進めてしまうと早速家賃が発生ししてしまうということになるわけです。

 

まだお店が存在しない状態での家賃の支払は、
もちろん無駄な出費となります。
すると誰もが家賃の流出を最小限にするため、
大急ぎで店を完成させなければならない状況に直面してしまうことです

これでは、じっくり腰を据えてお店づくりをしていくという基準では無くなってしまいます。

とにかく無駄な家賃支払を最小限にするために店作りが始まることになるのです。

この状況に陥ると、とにかくいい加減な店になってしまう傾向があります。

無駄な家賃流出を最小限にするための交渉を!

まずは、
この最初支払額に含まれる「前家賃」を何月分の家賃として扱ってもらうのかを不動産屋と交渉すべきなのです。
開業のほとんどは、

公的融資を申し込むことになりますし、

実際の工事期間はどんなに急いでも約1ヶ月はかかってしまいます。
まして、その工事前にはデザイン設計の打合せが必要なのです。

 

自分が長年夢に見て描いてきたビジョンを本気で実現化させるためには

設計に1ヶ月、工事に1ヶ月、開店準備に2週間ほど、
合計2~3ヶ月の期間は絶対に必要であることを認識しておくべきです。
また、
融資は申請してから確実に借りれると決定する段階にまで

早くて1ヶ月、長ければ2ヶ月以上かかってしまうこともあります。
不動産屋には、事前にこれら開業者側の事情をしっかり説明し、

家賃発生月を僅かでも遅らせてもらう交渉が重要となります。

単なる値切り交渉ではなく自分の事情を知らせ協力してもらう交渉

この物件を借りたいという意思表示と同時に、借入申請が必要であることを伝え、

借入決定がでなければ工事着工できないという自分の都合を伝えなければいけません。

初月からの家賃発生ではなく、

できれば2ヶ月後からの家賃発生にして欲しい。
この交渉が成立しただけでも、家賃2ヶ月分の出費が節約されることになるわけです。

多くの開業者さんは、このいたってシンプルな法則をうっかり見落とし、結果的に家賃を2~4ヶ月分無駄に払っていることが多いのです。

何事も交渉しなければ、自分に有利な状況は手に入りません。

肝に銘じて賢いく開業計画を進めて行きましょう


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事