10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業後の経理で利用されている青色申告会のメリットとデメリット

開業初期の経費を抑えたければ青色申告会

美容室開業が実現したら、早速現実な運営の日々が待っています。

経営に関してまさに1年生ともいえる開業さんにとって、今まで未経験の仕事があれこれ付加されることになります。その中の一つに、

経理事務があります。

よく開業当初から会計事務所や税理士と顧問契約を結び毎月定期的に報酬を払って、経理事務をすべて一任する人を見かけます。あるいは、最も資金事情が苦しい開業初年度の出費を抑える為の有効な手段として

青色申告会

これを利用している人も少なくありませんね。

この「青色申告会」とは、会社組織ではなく個人事業者であれば加入できるもので。

安価な年会費を払えば、

経理事務のやり方、帳簿のつけ方など、わからないことを詳しく教えてくれるところ。

経費節約の視点から見ても非常にありがたい機関です。

開業初年度、まさに初めて経験となる確定申告も「青色申告会」の会員であれば申告の書類を会側に提出し、

「青色申告会」が一括で申告業務を代行してくれたりもします。

青色申告会を利用する上でのデメリット

開業1年目の新人オーナーにとってこれは出費も最小限で済むし非常にメリットと思えることでしょう。
しかし、経費節約というメリットの一方でデメリットになりうる要素もあることを知っておきましょう。
そもそも個人事業主である以上、確定申告というのは1月~12月という期間でまとめ、

翌年の3月中旬までに前年の確定申告業務を済まさなければなりません。

当然この時期は非常に多くの事業者が「青色申告会」に殺到して大変な混んでいます。

待ち時間がやたら長いこと・・・・

 

「青色申告会」側の職員も超大量の仕事に負われる他超多忙な時期となるわけです。中には「青色申告会」からのアドバイス通りに処理を進めた結果、非常に落ち度の多く今後の節税において大きな損失に繋がる結果となってしまった事例もあるのです。

初年度は資産計上という初心者ではなかなか難しい処理がある

特に初回の確定申告の際には、同時に
資産計上という非常に重要な処理が必要となります。

この処理次第では先々10年にわたり、

百万円単位の節税の損得を左右するほど重要なのです。
特にこの「資産計上」に関しては後日、申請をし直しは可能ではあるが基本的には良くないことだそうです。税務署側の見解として「何故申請し直したの?」と突っ込みが入りやすくなる部分なのです。

必死で開業したのだから、
10年以上にわたる運営期間の長期的な節税を視野に入れ、

初年度1回だけ重要な手続きとなる「資産計上」

ここはしっかり抑えておくべきなのです。

 

この手続は「青色申告会」でも、もちろん対応してるでしょう、しかし3月の駆け込み時期にスムーズかつ開業者にとって有利な処理を導かれるかどうかは正直何とも言えないのです。とにかく何かと出費を抑えたい開業1年目ではありますが、

「資産計上」だけでも会計事務所や税理士さんの力を借りて正しく処理するべきではないでしょうか。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事