10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室運営でクレジットカード決済が可能かどうかは重要か?

クレジットカード決済のシステムを導入すべきか?

美容室を開業する際、お客さんがクレジットカード決済できるように、
開業時から導入する人と導入しない人がいます。
カード決済を導入しない人に理由を尋ねると、クレジットカード決済をすると当然各カード決済会社は売上額面からそれぞれ手数料を間引いた上で開業者に支払う仕組みとなっています。その手数料が、せっかく売り上げた額面を少なくしてしまうことを理由に導入への懸念を抱いてしまうと言います。

しかし、今の世の中、カード決済が可能な店かどうか?
新規客はこれにより来店の意志を決めている傾向があることも店側は理解しておく必要があります。

実際に開業したお店の追跡データによりますと、開業当初は決済システムを導入せずに運営をスタート際、新規に来店した客から

「クレジットカードは使えないのですか?」

と尋ねられるが非常に多いので途中から導入に踏み切ったお店が何件もあります。すると、

「意外にも、導入した後のほうが売上が伸びた!」

という発言は非常に多いのものなのです。

さて、なぜそのようなことが起こるのか考えてみましょう。

理由はいたってシンプルで

お客さま側の基準で想像すれば誰でも納得できると思います。

今の時世、クレジットカードはほとんどの人が当たり前のように持っており様々な買物決済に利用しているものです。

多くのお客様が持つ傾向として

特に女性からはこの様な意見が多く寄せられます。美容施術に限らず様々な出費において

1万円以上の決済は必ずカードを使う。

1万円以下の決済なら現金で払う。

このような使い分けをしている人が多いようです。

また、利用者はカード決済により得られるポイント集めにも強い意識を持っています。

これは運営側の想像を超えるほど高いわけです。

美容室であれば、カット、パーマ、カラーといったセットの施術が多くなるため、当然支払額は1万円を超えることがほとんどでしょう。

最初のお店探しの段階で判断される要素

また、新たに美容室探しをしているお客さまは、まずHPなどで事前に店舗情報を閲覧し、

お店の雰囲気、料金体系、駐車場の有無、スタイリストの人物像を慎重に吟味した上で予約という行動に繋げています。

そんな中、クレジットカード決済が出来る店かどうか?
これも重要な判断基準として検討されているのです。

差し引かれる手数料がもったいない・・・

せっかくの売上額が落ちる・・・

こうした運営側の基準は本音はとして当然なのですが

特に開業から半年は、いかに新規客に多く来店してもらえるかが重要です。
そんな大切な時期、来店動機の一つとなるクレジットカードが使えるか否か?

美容室開業では、
最初からクレジットカードを使える店として準備することが
開業直後の来店数の増減に少なからず関与しているということをも把握しておきましょう。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事