10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業時で見落としが多い家電備品類の買物予算

開業予算は店舗工事費だけではない

出店時の借入で、

店舗工事の費用を借りれば良い

と考える開業者が非常に多いものです。

例えば、
自己資金が300万ある。

店舗工事費用には500万円ほどかかるかもしれないと聞いた。

だから日本政策金融公庫から足りない分の200万円のみ借りる。

本当にこういう安易な知識のまま開業に着手してしまう人がたくさんいるのです。

店舗工事以外に必要となる家電、家具、備品類、その他にも・・・

確かに独立開業において、最も多くの予算組として費用が必要となるのは店舗工事費であることは間違いありません。

しかし、店舗の工事が完成した段階というのは、

その店舗内には物品が何も並べられていない状態であることを想像して欲しいのです。
世の中のとても多い開業事例の中、開業スタート時から手持の予算をすべて使い果たして無一文の状態で運営の走り出し、わずか1年未満でコケてしまう。

このような最悪な事例のほとんどは、この最初の予算組自体に問題があるわけです。
立派に店舗は完成できたものの、その店舗内に配置する様々な物品を買う費用をすべて見落としていたということになるのです。

 

ウエイティングスペースでいえば
ソファ、椅子、テーブル、マガジンラック・・・

 

カウンターまわりでいえば
レジスター、BGM機器、電話、FAX、文房具、パソコン、プリンター・・・
さらに
パソコンに必要な、会計、顧客管理などのソフトウエア各種・・・

 

バックヤードには
冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、電子レンジ、洗剤、客用のドリンク、食器・・・

 

そして施術に必要となる
美容施術に必要な薬液他の商材、ワゴン、シャワーコート、タオルなどの備品類・・・

 

実はここに表した内容以外にも

まだまだ買わなければならないものあるはずなのです。

店舗工事費は開業総額の中の一部にすぎないということ

独立開業時に、店舗工事の予算のみ借りようとする基準。
こうした準備不十分とも言える進め方でスタートしたことがキッカケで運営の初期から失敗してリタイアしてしまうことになるのです。

買物の予算組の見落とし・・・

失敗の原因は単純にコレだけであるということも知っておいてください。
これもすべては事前の知識を備えていれば済むことです。

独立開業時の店舗に関与するすべての要素を用意するためには、

「店舗工事費」以外にも、

想像以上に様々な予算が必要となることを肝に銘じておきましょう。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事