10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業直後の運転資金の考え方

やっと念願の開業をしても、出店から1年以内で退店していく美容室は以外と多くあります。
原因は様々な部分にありますが、実は、開業資金と運転資金の考え方の問題で、退店してしまうケースが多々あります。
また、美容師さんは、この運転資金に関して、特に出店直後の運転資金に関しての考え方が甘い方が多くいらっしゃいます。
運転資金と開店資金に関して説明させていただきます。

基本中の基本:運転資金は開業時に一定の額面、使い切らずに持っておかなければならない

念願のヘアサロン開業を果たしたものの、開業直後の時点で全ての資金を使い果たしている開業者が多くいらっしゃいます。
これではやっと手に入れた店舗は、ガソリンが空の状態で納車された車と同じ。

どんなに高性能でとてつもない最高時速が出せる車であってもガソリンが入っていなければ、時速10キロすら出すことができません。
独立開業して確かに店舗は完成した。しかし開業で全ての資金が尽きているという状態は、ガソリン代を用意せずに車だけ手に入れた状態と同様です。
どんなことがあっても運転資金は開業時に一定の額面、使い切らずに持っておかなければなりません。

開業から1年間すら運営を続けられず退店している事例が実は多い

独立開業を果たした美容師さんは誰でも開業なんて生まれて初めてのことが多いことでしょう。
開業とは、その後の運営に必要な物品の数々を非常に短い期間で一気に買い集める作業でもあります。
しかも、計画中は困ったことに普段の金銭感覚が著しく麻痺してしまう危険な時期でもあるのです。

誰でも普段の1万円の買物をするのに大いに悩むはずですが、開業準備の時期に限り数十万円の決済を簡単にしてしまうほど感覚を狂わされるのが恐ろしいところです。

開業までは漕ぎ着けたものの、オープンを迎えた段階には一文無し状態。
この最初のつまづきによって1年間すら運営を続けられず退店している事例が実は多いのです。
美容師として抜群の才能を持っているにもかかわらず、僅か開業数ヶ月で退店する羽目になった。
この原因は開業者の美容師としての才能の高さとは無関係なのです。

開業時で運転資金をゼロでスタートさせてしまう人というのは、
「山登りで例えれば、Tシャツ、短パン、サンダル履きという装備で登山に向かう。」
「航海で一切の遭難常備品を持たずに船を出す」
この例え話とまるで同じ次元なのです。

開業をいたって「甘く見ていた」ということです。

重要:開業後2~3ヶ月間程度は月間の経費が払えるだけの現金を残すこと

念願の独立開業は多くの美容師さんの夢の実現でもあります。

しかし、動かせない車では意味が無い。動かすためのガソリン代を残しておくことが非常に重要です。
車を店舗に例えておりますが、ガソリン代こそが運転資金すなわち現金そのものです。

限られた予算範囲内であらゆる買物も含めて準備が整う美容室開業。
しかし、そんな出費続きの中、
開業後2~3ヶ月間程度は月間の経費が払えるだけの現金を残すこと!これが1年以内の退店を防ぐ第一歩です。

運転資金の考え方:運転資金は開業初期の苦しい時期に一旦無くなることが前提と考えよう

多くの場合、開業当初の2~3ヶ月が最も辛く苦しい運営の日々に直面します。

運転資金というのは、この最も苦しい2~3ヶ月で一旦使いきって無くなることを前提にしておくべき資金でもあります。

独立開業において、とにかく開業半年後の段階までに軌道に乗せることが肝心です。

そんな、とてつもなく厳しい開業当初の時期でも、毎月の売上の中から新たなる運転資金を生み出し、常に余剰金を作り続ける必要があるということも知っておくべきことです。

開業前から用意しておく運転資金とは別に、運営開始後も常に運転資金を確保し続ける。

これまた、先々車を動かし続けるため常にガソリン代を捻出し続けるという発想なのです。

まとめ

  • 運転資金は開業時に使い切らずに持っておかなければならない
  • 開業時点で運転資金がゼロでは1年以内の退店もある
  • 開業後2~3ヶ月間程度は月間の経費が払えるだけの現金を残すこと
  • 運転資金は開業初期の苦しい時期に一旦無くなることが前提
  • 運営開始後も常に運転資金を確保し続ける

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事