10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

小規模の美容室の給湯器でボイラーは絶対に必要なのか?

ボイラーって、どんなものか?

多くの美容師さんは開業する際、店舗に給湯設備として設置する「ボイラー」は必須条件だと捉えているようです。

実際には

出店の規模、物件の設備状況によってはこの「ボイラー」は必要ない場合が多いのです。
さて、そもそもボイラーってなんでしょう?

簡単に言えば、

冷蔵庫ぐらいのサイズの巨大な電気ポット!
その巨大なポットに水が常に給水されて沸かされ、保温状態で貯水しているものです。

施術でお湯が減る度に再び水が足され、再び沸かされ、再び保温状態となる。

このように一定量のお湯が貯められているゆえに、

シャンプー施術でお湯を使っても一定の水圧で供給される。

だからこう言われるのです。

水圧が落ちることがない。

このようにボイラーの導入は美容師さんが最も懸念する水圧問題を回避し安心を得られる。

しかしボイラーはやはり高額です。

モノにもよっては定価で100万円前後してしまうものもありますね。
ところが、このボイラーを導入しなくともシャンプー2~3台までの小規模店舗なら、給湯器は
業務用の湯沸かし器で十分な機能を果たしてくれるのです。

ボイラーと湯沸かし器では出費が雲泥の差

ボイラーを使わずに、湯沸器で済むようなら、

結果的には店舗工事に費やす費用は

推定60~70万円の節約に繋がるのです。

湯沸器で済むか、ボイラーを導入する必要があるのか、この見極めポイントは

やっぱり物件次第なのです。

その判断基準は、物件の区画内に引きこまれている

給水管の太さです。

この管がが細すぎると湯沸器ではうまくいかないことがあります。

お湯を沸かす以前に、肝心な給水自体に水圧が出ないという環境を変えることは出来ないわけです。

この場合おのずとボイラーの導入を検討しなければなりません。

一方、給水管が太めであれば、当然給水自体の水圧がキープされるため、瞬間湯沸器でも問題ないことが多いということです。

このように選ぶ物件の給水管の太さがボイラーか湯沸器の選択肢を決める。

選ぶ物件次第で、70万円の出費が増えるか節約できるかの明暗があるということです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事