10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室の店舗工事中の不測の出来事・近隣問題

店舗工事中にありがちな近隣トラブル

美容室出店時のメインイベントは何といっても店舗の工事です。

しかし、この店舗工事中にありがちな事件事故とも言える出来事が

「近隣トラブル」です。
開業に向けてしっかりと事業計画を立てて、店舗設計、店舗工事の打合せをしっかり行った上で、ようやく店舗工事という段階に差し掛かっている時。

本来なら、ワクワクが止まらない時だと思いますが、そういうわけには行かない事が多いのです。

店舗工事の騒音がうるさい!

という近隣の苦情により、工事が中断させられると本当に最悪です。

工事中のこの段階というのは、逆算すると、OPEN日まで残り1ヶ月という時期。

ほとんどの場合、ありとあらゆるすべての支払額がすでに決まっており、ここで工事の延期など見舞われようものなら、OPEN日が延びてしまうこともあります。場合によっては工事費用の増額を余儀なくされることもあり得るのです。

近隣トラブル実例-1

こうした近隣トラブルで、実際に私が見てきた実例を幾つか紹介いたします。

工事着工時には、工事会社も開業者さんも

「これから工事に取り掛かるので、しばらく大きな音がでたりしますが、よろしくお願い致します」

と近隣挨拶から始めます。

ところが店舗の真上の階に済む住人が深夜のタクシー運転手だったのです。

寝るのはすべて日中の時間帯で工事着工初期段階からトラブル発生、

しかし開業者さん側も、進行を止めるわけにも行かない。

双方、話し合いの上、一旦は承諾してもらったものの、その後も激しい苦情の連続でした。

結果的に、このタクシー運転手の為に、工事期間中ウイークリーマンションを借りて、寝泊まりしてもらったのです。

近隣トラブル実例-2

このような深刻な事例もありました。

同じく店舗の真上の住人が、ちょうど工事着工と同じタイミングで、ガンの手術を終えて退院した日と重なったのです。激しい音、振動などすべて辞めて欲しい・・・

この件は、急遽工事の現場作業を最底減にして、主要な造作他、別の工場でパーツ(部品)分けして作り上げ、現場では音や振動を最小限に食い止めました。とはいえ、工事現場は完全無音は不可能であり少なからず住人を不快な思いをさせてしまった。

しかも、工事の工法を変えたことにより追加工事扱いとなり、追加予算負担が発生してしまいました。

これらはほんの一部の事例ですが、不測の出来事は時折あり得ます。

もちろん、過去事例ではすべて何らかの形で解決に導いてきましたが、全てが万事丸く収まったというものばかりではありません。

工事中はオープン間近の出来事

工事中の1ヶ月程度の出来事とはいえ、実際に入居するのは開業者さん自身なわけです。

開業後は、上層階の住人たちとも良い関係を作っていかねばなりません。

工事中のトラブルはなんとか解決できたとしても、開業スタートの段階から非常に仲の悪い関係を作ってしまい、運営数年経っても、それが悩みとなり

いつしか、どこか他の店舗に移転したい・・・と悩み続けている開業者さんも実際にいるのです。

近隣問題だけは、誠心誠意良い関係を築こうと努力しても、いわゆる先住民がどうしても立場が強いのです。

事前に不動産屋に探りを入れてみる

美容室であってもいろいろあるかもしれませんが、仮にお酒を扱う飲食店ともなると、

どんなにお店側が気をつけていても、匂い問題や、酔ったお客の声等、どうにもならない事もあります。

入居時には予測しなかった出来事がいずれ開業者を悩ませることになります。

渦中にでは悪いくじを引いた感覚かもしれませんが、開業地を求めて不動産物件を検討している段階から、

不動産屋にこうした問題は起こりそうか?大家問題、近隣問題はどうか?

これらを物件の検討段階から、チラッと探りを入れてみる。これは持っていて良い基準です。

一度場所を決めてしまったら、人生を永遠にその地に根を張ることになります。

最低10年の長い運営の場を選ぶという基準で慎重にとりかかるべきです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事