10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

開業当初から順調な売上には「負の反作用」がある?

最初は思うように売上は上がらないもの

美容室開業を実現して運営が始まると、初期の頃はなかなか売上が上がらないのが普通です。

特に開業から半年は、新規客獲得に精を出す時期であり、旧職場で体感していた忙しさとは程遠く、手応えを感じることはできません。

 

開業直後7割以上の事例が、初年度は辛く苦しい状況を味わうものです。

もちろん、中には開業当初から一気に順調な運営となる事例もあります。

しかし、このように順調な状況を得られたとしても、

“好調の揺り返し”の様な逆作用もあるのです。

 

開業後、好調な走り出しパターン1

最初から好調に思える事例は、このようなパターンがあります。

出店した地の周辺には、あまりにも美容室が少なく、慢性的にその地が美容室不足だったという事例です。

この場合、老若男女、誰もが店に押し寄せたりすることもあります。

すると、早い時期から誰でも利用できるファミリーサロンとなってしまう傾向があります。

もちろんそれを最初から目指した開業であれば問題ないのですが、特異性を打ち出す個性的な店を目指していたなら、以後の軌道修正が難しく、結局理想が実現できなくなるわけです。

本来は中高年、富裕層のハイセンスな女性の為の美容室を目指していたけれど、最初から誰でも受け入れていたら、やがては誰でもが来店する便利な美容室に方向変換せざるを得なくなるのです。

これでは、忙しくなり、お金も得られるけれど、本当にやりたかったことをやれる美容室とは程遠くなってしまいます。

開業とは、開業前に目指した目的からかけ離れてしまっては意味がありません。

 

開業後、好調な走り出しパターン2

その他にも、こんなパターンもあります。

従業員を雇用し、とても売上順調なスタートを切ったものの、

旧職場の体感とは異なる忙しさに直面した従業員が、耐えられず突然辞めてしまう。

あるいは「私がやりたい事と違う」と言って辞めてしまう。

すでに順調に売上げている状況の渦中で従業員の突然退職は、一気に売上を落とすことに繋がります。

開業1年未満の時期では売上が不安定であり、ここで起こりうる悪状況に新人経営者の開業オーナーは打開措置の術もわからず、非常に大きな混乱に見舞われるのです。

外から見れば、開店したばかりの美容室は非常に流行っているように見えるかもしれません。しかし、内部は不安定な状態という事例は多いのです。

開業半年以内で早くも月間売上が100万円に達し、とても浮かれていたが、従業員の急な退職により次月から売上は一気に40%減となることもしばしばなのです。

誰でも最初から沢山のお客様が来店したら、どんどん詰め込んで頑張ってしまうでしょう。

もちろんやればやっただけ、売上も上がります。

しかし、その裏側では、施術の品質が落ちてしまったり、お客様への対応が疎かになってしまったりと、その逆の作用も起こってしまいます。

とにかく順調な走り出しをしたからといって、好状況をそのままずっと維持できるかはわからないのです。

 

開業直後の順調さには要注意!

開業後の1年間は、とにかく開業オーナーの心を揺らす、なにかと魔物のような力が働くものなのです。

競馬で、馬がスタート直後にぶっちぎりで先頭を走っていても、
結果的にゴールした時にはビリだった・・・こんな場面を見たことありますよね?

開業1年間は、なによりも慎重に、慣らし運転のごとく、

どんな状況でも目指した路線をブラさず、冷静に判断し、柔軟に対応する姿勢で、

慣らし運営を心がけましょう。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??*  男性  女性
業種??*  美容師  理容師  その他

関連記事