10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

女性美容師さんが独立開業する際に事前に心しておくべきこと

一人きりでのヘアサロン運営は売上額に限界がある

女性美容師さんが一人きりで将来従業員の雇用もしない開業相談を受けることがあります。
この場合、事前にわかっておくべきこと、想定しておくべきことがあります。

まず、一人きりでの運営では月間100万円以上の売上を上げることができないということ。男性美容師さんより、開業時から常に変わらないサイクルで業務がこなせなくなる可能性が高いこと。

私は常に開業から10年以上の運営を前提とした独立開業を呼びかけていますが、

サポートした美容室の中で、10年間を迎えることなく退店となった事例が過去に一件だけありました。

この事例に関しては決して経営不振により退店したのではなく、別の理由によるものでした。

一人きり運営を目指した開業したある女性美容師さんの実例

この女性美容師さんの実例は、

独立開業以前の計画段階から生涯一人きりで運営していく店を持つことを目指した計画でした。

この美容室は開業から丸8年間とても好調な運営を続け地域でも大変人気の美容室として知られるほどで、とても多くのお客さまたちに愛される開業オーナーさんでした。開業前の段階で28歳だった彼女は「私はこの先ずっと結婚しません。生涯一人で生きていくための店を今のうちに!」と言っていたのですが、月日の流れにより考え方も変わり、やがて、縁あって美容師さんではなく一般会社員の方とご結婚されました。

もちろん結婚した後も変わらず順調な運営を続けていましたが、ちょうど8年目にさしかかった頃、やむを得ず彼女はお店を退く決心をしたのです。理由は妊娠したことでした。

色々悩んだらしく、出産を機に出身地である遠方に帰り一般主婦として生活していくことにしたそうです。

 

彼女の決断はもちろん大変悩んだ上でのものだったと思いますが、子育て専念と両親の元に帰るとこと決め、運営が絶好調だった店を手放し、知人ではなく他人の美容師さんに店ごと譲渡することにしたのです。

 

プロデュースを通して彼女の開業時から折りに触れ交流があった私は、退店直前のお店のお別れ会にも招待されました。

お客ゼロから始めたこの美容室でしたが、8年前には想像できなかったほど多くのお客さまが集まり、開業オーナーさんとの別れを惜しんでいました。中には本気で泣いている方もいるほどでした。

「お店辞めないで!・・・これから私はどこの美容室に行けばよいの・・・」

熱烈なファンとなったお客さまは一人ではなく、何人もいて、彼女の人気の凄さに圧倒されました。

そしてとても感動的なお別れ会でした。

たった一人きりでの運営ではなかった場合はどうだったか?

出産を機に退店。そして里帰り。これは、当時もちろん彼女自身の最良の決断でした。

しかし、「もしも・・・」を想像してみましょう。

もしも、8年間の中で彼女が従業員やパートなどを育てグループ体制の運営を視野に入れて行動していたら?

もしも、彼女がスタート時から技術者から離れマネージメントという立ち位置になることを意識していたら?

もしかしたら結果は異なっていたかもしれません。

たとえ遠方に帰った後でも子育てをしながら何らかの形で店舗存続の方法は得られたかもしれないのです。

 

実際にお別れ会で、彼女にこれまでの8年間の売上事情を伺ってみました。

開業初期の数ヶ月は当然のことながらそれなりに苦労はあったそうですが、数ヶ月後、軌道に乗ってからはひと月も欠かさず、毎月70~75万円の売上げ続けていたそうです。

もちろんこの売上額は一人きりの運営ではとても優秀な数字といえます。

この売上は運営中のほとんどの期間、落ちることもなく、上がることもなく、常に安定した売上額面だったそうです。

一人だけの開業でもそれなりの成功はあるけれど・・・

つづけて、彼女にこんな質問もしてみました。

「無理してお客さまをさらに詰め込んで対応したら、もっと売上は伸ばせたんじゃない?」

「いや、これ以上は絶対に無理でした。これ以上お客様を受け入れたら、私は絶対に身体を壊してしまったと思うし、お客さまへの施術がいい加減になっちゃったはずです。だから希望があっても、予約受けてあげられないことも時折あって、お客さんに申し訳ないと思うことはよくありました・・・でもまぁ私は、基本的にこの売上額で十分満足でしたから・・・だから無理してこれ以上の客数に対応する気もありませんでした。結果的にこの8年間、本当に楽しく運営させてもらいました。」

 

彼女以外にも女性1名の運営スタイルの開業事例に何件も携わってきました。

一人だけの運営による売上の限界ラインや、体力的な負荷に関してほぼ毎回同じ質問をしてきましたが答えはみんなほぼ一緒でした。技術、商材などよほど特殊な戦略を持った運営ではなく、いたって一般的な美容室運営を視野に入れた開業計画であるなら

一人きりでの運営は100万円超の売上をもたらすことは無理であると捉えておきましょう。

 

そして、誰でも開業時は想定していなかった事情に直面したり、様々な環境の変化により当初目指していた希望どおりに行かないこともある。

特にこの女性美容師さんの事例のように、不本意ながらも運営を継続できなくなることもあり得ます。

女性の場合、結婚や出産の事例による計画の路線変更は、男性美容師さん以上に影響を受けるということです。

 

女性1人のみでの独立開業を目指すなら、こうした実例を参考に、ぜひとも一度考えてみてはいかがでしょう。

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事