10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

女性美容師さんが独立開業する際、あらかじめ心しておくべきこと

一人きりでの運営では売上額に限界がある

女性美容師さんが一人きりで将来従業員の雇用もしない開業相談を受けることがあります。
この場合、事前にわかっておくべきこと、想定しておくべきことがあります。

まず、一人きりでの運営では月間100万円以上の売上を上げることができないということ。開業時から変わらないサイクルで業務がこなせなくなる可能性が男性より高いということ。

 

私は常に開業から10年以上の運営を前提とした独立開業を呼びかけていますが、

中には、10年間を迎えることなく退店となった事例もあります。

経営不振により退店するという事例は問題ですが、この事例は経営不振が理由ではありませんでした。

 

一人きり運営・ある女性開業者さんの実例

それが開業時から一人きり運営を目指した女性美容師さんの実例です。

彼女は開業から8年間、非常に優良な運営を続け、地域でも大変人気の美容室として知られ、非常に多くのお客さまたちに愛される開業オーナーさんでした。やがて、結婚した後も変わらず順調な運営を続けていましたが、8年目にさしかかった頃、やむを得ず彼女はお店を退く決心をしたのです。妊娠したため出産を機に出身地である遠方に帰ることになったのです。

 

彼女の決断はもちろん大変悩んだ上でのものだったと思いますが、子育て専念と両親の元に帰ると決め、絶好調だった店を手放し他人に譲渡することにしたのです。

彼女の開業時にとても密に関わった私は、そのお店のお別れ会にも招待されました。

8年前には想像できなかったほど多くのお客さまが集まり、開業オーナーさんとの別れを惜しんで泣いている方もいました。

「お店辞めないで!・・・これから私はどこの美容室に行けばよいの・・・」

という熱烈ファンのお客さまの多さにとても驚かされ、なにより彼女の人気の凄さに圧倒されました。とても感動的なお別れ会でした。

 

たった一人きりでの運営ではなかった場合はどうだったか?

出産を機に退店と里帰り。これは、もちろん彼女自身の最良の決断です。

しかし、「もしも・・・」を想像してみましょう

もしも・・・8年の期間の間に彼女が従業員を育て上げる様な運営にシフトしていたら?もしも・・・彼女が施術から離れ、マネージメントに徹するような立ち位置になれていたら?

たとえ、遠方に帰った後でも、子育てをしながらでも、何らかの形で店舗存続の方法は得られたかもしれないのです。

 

お別れ会で、彼女に実際の8年間の売上を聞いてみました。

毎月70~75万円の売上げ続けたお店でした。

一人きりの運営で、この売上額はとても優秀な数字です。

この売上は結果的に8年間、落ちることもなく、上がることもなく、常に安定した運営だったそうです。

 

一人だけの開業でもそれなりの成功はあるけれど・・・

お別れ会の時に、彼女にこんな質問をしてみました。

「無理してお客さまをさらに詰め込んで対応したら売上はそれ以上に上げられた?」

「これ以上は絶対に無理です。これ以上受け入れたら、身体を壊してしまったと思うし、お客さまへの施術がいい加減になるからダメです。私は売上額で十分満足でしたから。これ以上の数をやる気もありませんでしたよ。8年間楽しく運営させてもらいました。」

としみじみ語ってくれました。

 

私は、彼女以外にも女性1名のみの開業事例に何件も関わりましたが、

これと同じ質問に対し、答えはみな一緒でした。

一人きりでの運営では売上100万円を超えることは稀なんです。

誰でも開業時は想定していなかった事でも人生における環境の変化により不本意ながらも運営を継続できなくなることもあり得るのだということです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??*  男性  女性
業種??*  美容師  理容師  その他

関連記事