10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室の開業者は時として他の人生を狂わせる人物にもなりうる?

美容室開業と聞けば、どちらかと言えば、負のイメージではなくおめでたいイメージのはずです。計画を進めるにあたり周りの人たちの応援もあるだろうし、華やかなプロセスを想像してしまいがちです。ところが独立開業を決して甘く見てはいけません。開業者以外の多くの人が関与しなければ開業は成立しません。安易な行動により周りの人々を巻き込み、開業者のせいで周りの人達を転落させていくことにもなりかねません。開業はとにかく心して進めるべきものです。

物件契約してしまうとパニックが始まる?

独立開業出店を希望する開業者さんは、

常に「お店を持つこと」これをゴールと捉えている傾向があります。

まず最初に出店候補の物件探しから始め賃貸契約をして、そのまま店舗デザイン設計や店舗施工会社探しに走るのです。

開業者はその後、急いで融資他なんらかの資金調達に着手するわけです。

ところが先に物件契約したことにより、

頭の中は急いでお店を作ることしか無くなってしまいます。

不動産契約から店舗完成までの期間に払うべき家賃が無駄になる。

そこで家賃流出を最小限にくい止めるべく、設計や工事を超特急で勧めて欲しい!

という無謀な依頼をしてしまうことになります。

すべては開業者さんの精神状態が問題となる

まさしく切羽詰まった状況に陥った開業者は

著しく平常心を欠いた状態で開業計画を進めていくことになります。

以前、私が店舗デザイナー時代に幾度か経験した独立開業の事例はほとんどがこのようなものでした。

開業者の大半が大きく心を揺らした方々ばかりでした。

何日も徹夜し、大量の図面を描き、幾度も打合せをしてきたにもかかわらず、

結果的に融資が通らなかったからという理由で計画はその段階で中止。

数ヶ月にわたり作業した報酬は結局もらえず、まさにタダ働き。

こうして最後の最後でにお金がもらえない危険性を伴う個人の独立開業者の依頼。

この問題はすべて

開業者自身の知識不足と準備不足が原因です。

不用意にスタートを切ると途中で止まれないもの

開業出店のプロセスなど経験が一度もない開業者は出店までの進め方や順番も知らないわけですが、どういうわけか

一度走り出したら止まることなど考えずにパニック状態のまま無謀に走り続けるのです。

その結果、融資は失敗し、自己資金は不動産契約などの支払いでほとんど使いたしてしまう。

計画が頓挫した後、不動産業者から返金してもらえず路頭に迷った開業者もいました。

私は店舗デザイン設計で損失は図面等印刷物と費やした時間であり最悪の場合お金が貰えずとも会社が潰れる様なことはありません。しかし施工会社はそうは行きません。すでに店舗工事を始めていたならお金が貰えなかったら多大なる損失を被ることになるのです。

実際に遠い昔、私が開業者と引き合わせ工事業者を倒産させてしまった非常に苦い経験もあります。

開業者も払えるお金が無くまさに人生の転落です。

最終的に行方をくらまして失踪した開業者もいました。

このように悲惨に開業者、ならびに業者それぞれが転落していくのを間近で何度か見たということです。

しかし、これらのトラブルの張本人は紛れもなく開業者です。

開業者は非常に危険なキッカケを作り出す人物ともなりうるということです。

【ヘアサロン開業10年後の健全な運営への道】メルマガ登録

当ブログの新記事の更新情報、ノウハウを定期的にメールにて配信しております。

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??*  男性  女性
業種??*  美容師  理容師  その他

著者:

ヘアサロン開業アカデミー代表
美容室開業プロデューサー

関連記事