10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室開業の借入で店舗工事費を借りるという基準は失敗のもと

「開業総額」と「店舗工事費」は根底から異なる

開業時の融資申請の費用は主に店舗工事に使う費用と認識している人は非常に多い。
そもそも「開業総額」と「店舗工事費」は根底から異なることを理解しておかなければいけません。

 

美容師さんの開業相談時に、「先輩に聞いたところ、美容室工事が500万円ぐらいかかると聞いたので、日本政策金融公庫から工事費として500万円借りる予定なのです。」

こう聞かされる事があります。

 

この基準は開業総額全体のバランスを理解していないわけで、最終的には予算がまるで足りない状況に進んでいくことが明白です。

 

開業に必要なすべての資金(開業総額)= 店舗づくりに必要な資金(店舗工事費)
こう捉えている美容師さんは思いのほか多くとても危険です。

 

まずは、開業総額予算を大きな木に例えれば、店舗工事費は1本の枝でしかないということを認識しておかなければなりません。開業総額というのは、とにかく色々と出費がかさむのです。

 

1.不動産取得費

出店対象の不動産物件確保の初期投資予算。礼金、敷金(保証金)、仲介手数料、前家賃、家賃保証会社加入、火災保険など

 

2.開業準備金

◯美容薬剤、薬液、道具、備品類の費用
◯店舗に設置する洗濯機、冷蔵庫、パソコン、BGM機器などの家電費
◯チラシ、DM、ショップカード、名刺、ポイントカード他、販売促進紙媒体の印刷費
◯ホームページの費用
◯店舗の各種保険費
◯退職からオープンまでの生活費
Etc…

 

3.運転資金

開業の段階で残しておくべき運営の為の余剰金。

 

4.美容機器

店舗に設置する機器類となる美容椅子、シャンプー台、シャンプー椅子、促進器類なのです。

 

5.店舗工事

これが最も大きな出費。しかし、店舗はあくまでも外装、内装、照明ほか、電気ガス水道の諸設備の準備であり、工事完了段階は、空っぽの状態であるということ。
多くの美容師さんはこの費用だけを借りようとしてしまうということ!

 

以上、

 

開業に必要となる総額は
不動産取得+開業準備+運転資金+美容機器+店舗工事
この5つの要素の合計額となります。

また、この5要素全体の中で店舗工事費が占める割合は50%~60%なのです。

したがって、店舗工事費のみ確保すれば良いという考えは本当に超危険なのです。

まずは、この予算バランスの知識を理解しないまま計画を進めてしまうと、確実に開業当初から躓くことになります。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??*  男性  女性
業種??*  美容師  理容師  その他

関連記事