10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室施術ドライヤー使用中のイライラ、何故ブレーカーが落ちるの?

  • 2018-3-12

ドライヤーを使っていると、バチン!あ~、またブレーカーが落ちた!
これイライラしますよね。まぁオーナーさんは、

「うちの店、ブレーカーがよく落ちるんですよね、、、」

なるほど、、、

でも、あなたのお店が特別にブレーカーが落ちやすいわけでは無いんです。

開業時の設計段階で
コンセントの“回路分け”がしっかりできていなかったことが理由です。
店には必ず分電盤というモノがあります。
メインブレーカーという親分みたいなスイッチとその横に子分みたいな6~12個ぐらいスイッチが並んでいるやつ。

ドライヤーをかけ始めると、親分スイッチが落ちることもあれば、子分スイッチだけが落ちることもあったりします。

この子分スイッチ1つが、いわゆる1回路となります。

さて、ドライヤーの電力約1200W
そもそも1回路すなわち子分スイッチ1個あたりの許容量は1500Wなのです。

もしそれを超えてしまうほどの負荷がかかると出火しないよう安全のため作動しブレーカーのスイッチが切れるという仕組みです。

したがってドライヤー用コンセントは単独で1回路が必要なのです。

コンセントの差込口が2個あるからドライヤーを2台同時に差して使えばたちまちブレーカーは落ちてしまいます。

 

美容室慣れしていない設計者や工務店は、このシンプルな知識を見落とすこともしばしばで、店内の複数箇所に設置したコンセントのいくつかをまとめて“回路分け”を少なくしてしまったりするのです。

 

美容師さんが時として客席1つにドライヤー2台使用することがあるのなら、事前の設計段階で、その要望をしっかり伝えなければなりません。これがきちんと伝われば、仮に2口の差込口でも、
それぞれ別回路に分岐されて分電盤の2つの子分スイッチとして“回路分け”さればブレーカーは落ちないわけです。
こうした回路分けも美容室店舗設計に重要な知識です。
私は、常日頃、美容室経験はありませんけど店舗設計自体はそこそこキャリアがあるので大丈夫ですという設計者には十分気をつけましょうと呼びかけています。

 

単純にカッコイイ雰囲気のデザインを提案してくれるとか、センスが良いとかだけではなく、業種ごとの専門知識と美容室の勘所をしっかり経験として把握している設計者や工務店に依頼したいものです。

 

設計者や工務店は作業が終われば終了ですが、オーナーさんはこれから長い期間そこで過ごすわけです。
ブレーカーがよく落ちる、、、
小さなストレスが10年続けばチリも山のように積もります。
すべて最初の段階、開業時に抜かり無く抑えるべきことなのです。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??*  男性  女性
業種??*  美容師  理容師  その他

関連記事