10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室独立開業Library

美容室の施術でシャンプーの水圧が出ない理由とは?

「今働いているお店ではシャンプーの水圧が出なくて困っているので、そうならないようにしてほしい。」
美容室店舗の設計時に美容師さんから時折寄せられる切実な希望です。

 

これに関しては設計レベルで施術に支障がない様にある程度のことは解決できても、
水圧そのものを根本的にアップさせるような改善策は難しいことです。
水圧問題の多くは、選んでしまった物件、すなわち建物の水道設備状況によるところが多いのです。

 

ちょっとイメージしてみてください。

3m四方の立方体ぐらいに巨大な樽といいますか、水のタンクがあったとしましょう。
この巨大な箱にはとても小さな穴、小さな蛇口、細いホースが付いている状況です。

ホースの出口から出てくる水は、チョロチョロと、頼りないものですよね?

要するにこれが水圧不足の基本的な原理です。

 

選んだ物件の建物外部から区画に供給されている水道設備、すなわち水道管が細すぎれば水圧は出ない。

あるいは、仮に屋上に巨大な受水槽を兼ね備えたビルであっても、やはり区画までの水を供給する管が細ければ水圧が出ない。

設計レベルで解決するといってもビルの付帯設備である水道管を勝手に太くするという提案は現実的ではないわけです。

まぁこれに関してはビル側も簡単に要求に応じないはずですし、仮に応じたとしても莫大な費用がかかってしまいます。

 

選んだ物件がこのような根本的な水圧問題を抱えていることに気づかず借りてしまい、
開業後実体験するまで気づかかなったという事例は非常に多いのです。
そこで設計レベルでの解消法として提案されるのがボイラーです。

チョロチョロ程度の水圧でも、常に入水タンクに水を蓄えて常に沸かし続けてくれる。仮にビルの外から区画内までの管が細くても、一旦ボイラーに水を貯めているだけに、そこからの水の供給は水圧が落ちないというわけですね。

だからこそ、こう言われることが多いのです。
水圧を絶対に下げないためにも、美容室店舗にはボイラーは必需品!
しかし、今までのお話を聞いていただいて想像がつくと思うのですが、、、
ビルの外部から区画内までの管がそれなりに太ければ水圧は落ちないということ。

となると?
ボイラーではなく、業務用の瞬間湯沸かし器で十分というわけです。

ボイラーを導入するというのは開業する美容師さんにとって非常に大きな出費です。
一方、湯沸かし器なら費用は半分以下で済みます。

その差は時として50万円以上の違いとなります。
開業希望の美容師さんは是非とも気に入った物件に出会えたら、せめて区画内に引き込まれている水道管の太さを気にして、物件選びの重要な判断基準の一つとすべきなのです。 


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??*  男性  女性
業種??*  美容師  理容師  その他

関連記事