10年後の健全経営を見据えた美容室の独立開業のお手伝い ヘアサロン開業アカデミー

美容室開業時の様々な買物をする際の注意点

  • 2018-2-19

美容室開業時には初期の段階において多くの方が見落としがちな予算組として、工事で完成した店舗に配置する家具、家電、装飾物など、開業者にとって想像していた以上に買物の物量が多いもの。

あらかじめその買い物のリストをしっかり作成しておき、買うべきもののリストアップと共に、それぞれの予算取りをしておくことが重要です。
過去の実例データから、これら個別買物の合計額は実に50~100万程度。
もちろん、出店する店舗の面積や、開業者が必要だと捉える物品の物量は人それぞれです。

人によっては50万以下で済む場合もあれば100万を超えてしまうこともあるわけです。
この予算組を事前にしっかり押さえておかないと最後の最後で予算オーバーとなる危険性が高いのです。
しかし、この予算組はバッチリ抑えていた、絶対に想定していた予算を超えないように固く意識していたにも関わらず
結果は予算オーバーしてしまった事例は多いのです。
理由は開業者自身の心の部分、性格に原因があると言えます。
例えば、美容室のウェイティングのスペースに置くソファーに5万円の予算を確保していたとしましょう。しかし、実際にソファー探しの段階に入ったらそれはもう、目移りの連続ですよね。5万円より高額のソファーがつい欲しくなるもの。たった数万円の違いなのだから、長く使うものだから、良い物の方が、、、

なにかと自分に理由付けして1品目の予算オーバーをしてしまう。
いわば、ここが“タガが外れた”瞬間というわけです。
特に開業の買付物品数は家具、家電を含め20アイテムは裕に超えるもの。

仮にその全アイテムに対し、“ついワンランク上のものを”としてしまうと、最終集計は数十万円の予算オーバーに達した。

 

予算取りは抜かりなく把握した。買物リストもしっかり作った。
“頭”では十分理解していた。しかし、予算オーバーした。
その理由は、ついワンランク上の物を買っちゃう気質が関与しているのです。
開業者自身の、性格、心が危険を招くということ。
実は私、飯島も最近、長年拠点としていた神宮前のオフィスを建替えのため立ち退きとなり、代々木上原に移転したばかりです。

普段、開業オーナーさんに「気を付けましょう!」と言っておりますが、自分のこととなると本当に、これが難しいことを今回痛切に感じた次第です。

 

美容室開業のスタート時で予算オーバーすることは先々の運営が続かなる危険性をはらみます。ぜひとも自分の心を戒めつつ、堅実に買い物をしていくことが重要なことだと捉えておいてくださいね。


【当ブログの記事更新のお知らせ、美容室開業に役立つ情報を配信】

 

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??*  男性  女性
業種??*  美容師  理容師  その他

関連記事