美容室開業は決してゴールではない!

  • 2017-12-25

美容師さんが美容師になることを目指した段階から

「いつか自分のお店を持つこと」

これを最大の目標にしている人は多いですよね。

 

美容業という職種的にいえば、きちんと目的と計画性を持って実行すれば、独立して自分のお店を持つこと自体、他の業種に比べて比較的実現させやすい業種です。

世の中がどんなに不景気でも、情勢が不安な時期でも、どういうわけか美容室はあまり衰えることなく増えていくと思いませんか。

私は美容室開業のプロとして活動している為、美容師さん以外の多くの方々からこのように質問されます。

「美容室ってどうしてこんなに多いのでしょうか?」

「美容室って、すごく増えていますよね?」

確かにそうかもしれません。

しかし実態は、

毎年増え続ける美容室の数より、退店して無くなっている美容室のほうが格段に多い

これも知ってほしいのです。

 

この現象ついて私なりの見解ではありますが、至って美容師さんの思い描く最大のゴールが

「自分の店を持つ」

これに尽きるからです。

こういうと語弊があるかもしれませんが、

お店を持つこと自体は、ある程度の資金の調達能力と出店場所さえあれば誰でも実現可能です。

 

しかし、実際に開業して10年後の段階でも健全に経営を続けている美容室は果たしてどれぐらいだと思いますか?

答えは約2~3%と言われています。100人開業してたったの2~3人だけなんです

それほどまでに10年後も運営を続けていくことは容易ではないのです。

一体、何の為に開業するのか?

それは、先々10年以上におよび、いや、永遠に経営を続けていくための最初の一歩でしかないのです。

 

その重要なスタートを切るため、店舗工事費という非常に大きなお金を使って用意する、、、

すなわち巨大な道具を用意することでしかありません。

この大きすぎる道具を大切に使い続けて、それこそ年期が出るまで使い倒して、永遠にお金を稼ぎ続ける。

 

今一度こういう視点で考える必要があります。

よく世の中で言われるように、結婚はゴールではないといいますよね。

開業も至ってこれと同じ理屈です。

開業はゴールではないのです。

開業をするという行為は、一人の技術者だった美容師さんが、本気で覚悟を決めて技術者から経営者に変身するための人生の分岐点なのです。

開業をする以上は、本気で経営者になる事を決意してください。

 

当ブログの記事更新他、美容室開業に役立つ情報が得られる無料

以下のフォームよりメルマガ登録よろしくお願いいたします。

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事

ページ上部へ戻る