資金融資 目からウロコのヘアサロン開業メソッド

  • 融資の内定前に工事に着手はNG!

    融資の内定前に工事に着手はNG!

    お金が借りれなければ店の実現は不可能。不動産契約と共に計画を進めてしまうと融資が失敗した際、最悪の開業となってしまう。仮に開業はできたとしても短命な店舗という運命をたどるキッカケとなり人生を転落させたしまう危険性がある。

  • 書式より自分の本質が重要

    書式より自分の本質が重要

    融資審査には、提出用の事業計画書式が整えばOKというわけではない。書式や計画性より、開業者自身の可能性や人間性を見られる。「この人になら貸してもきちんと返してくれるだろう」という確かな印象が融資機関に伝わらないと融資は成功しない。

  • 高額融資は開業時の1回きり!

    高額融資は開業時の1回きり!

    開業時には、なるべく融資額を少なくしておいたほうが後々返済の悩みも軽いと考えがちだが、開店の段階で融資額した資金では足りなくなっていたという事例はあまりにも多い。

  • 日本政策金融公庫と銀行融資の違い

    日本政策金融公庫と銀行融資の違い

    ヘアサロン開業独立開業の資金調達手段として代表的な2つの融資機関が日本政策金融公庫と銀行融資(信用保証協会付)。これらの2機関の違いを解説

  • 銀行融資の特徴

    銀行融資の特徴

    銀行融資は同じ創業融資であっても日本政策金融公庫と異なりやや進め方が困難である。特に銀行融資を受けるためには様々な理解が必要である