美容室独立開業時に店舗につける店名の考え方

  • 2016-10-17

ヘアサロン開業時に必ず必要となるのが店名です。

多くの開業者はこの店名を

なんとなく、あるいは、適当に名付けていることが多い。

 

店名は将来の客も、開業者自身も長きに渡り、親しみ深くずっと付き合ってゆくもの。

安易につけるのではなく、しっかり吟味して命名してほしい。

 

将来お客様がリピーターとなり何度もお店に通ってくるようになると、いつしかこのように質問されるはずだ。

「何故この店名にしたのですか?」

この質問に対し、開業者は最低でも30秒程度、その店名のいわれを語れるような店名であったほうが良いのだ。

 

 

それがどんなにダジャレ要素から決めた店名であっても、

勝手に作ったオリジナルな店名であっても、

きちんと説明さえできれば必ずそれは口コミとして勝手に拡散されていくもの。

 

なぜこの店名にしたのか?

その理由をしっかり語れるだけの意味合いを込めてほしい。

 

理由を語れる・・・

ここにお店の目指す社会的役割(コンセプト)の要素が含まれていれば、格段に重みも出る。

 

単純にこの言葉が好きだったから

昔からこのワードにしたかったから

これではどうしても薄っぺらくなってしまうのだ。

お店側が客に対し役に立てる社会的役割が明確であれば、

おのずと、キーワードの絞り込みができるはず。

 

例えば
中高年の女性の美の復活を徹底的にサポートし、若返りをお手伝いすることを社会的役割として店を作るのなら、

アンチエージング、復活、生まれ変わり、再生、変身 etc…

また
自分の時間を得られないほどハードな仕事に就くビジネスマンの為に、髪の健康を促進する手伝いと、疲れを少しでも軽減し、再び明日の仕事も頑張れるように応援することが社会的役割と考える店を作るなら、

健康、エール、ケア、リフレッシュ、癒やし、パワーアップ etc…

 

このように店が目指す方向性が異なれば、キーワードはすべて変わるのだ。

□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□

こうした社会的役割発進で、キーワードに展開し、

そこに自分自身の名前を組み合わせたり、

店のデザインスタイルを彷彿させるイメージのキーワードを混ぜ合わせたりと、

店名の付け方の法則は決まりがないので、あとは至って自由に好きな店名を導き出せば良い。

 

 

また、もうひとつ重要となるのが

「音象」

そう、音から感じれる印象である。

 

仮に前者のアンチエージングをベースにしたお店なら、やはり女性的で優しい音の雰囲気の方が適していることになる。

サ行、ナ行、ハ行、マ行などは優しい響きを感じさせる音であることは想像できるだろう。

 

一方、後者の戦う企業戦士のサポートをする店なら、力強く、元気を与えるような音の印象のほうが良い。カ行、タ行、ラ行、さらに濁音付きなら、ことさらに強い音の印象を感じるはずだ。

 

これら音の要素は

将来電話で予約の依頼が入ったときに、

「はい、ヘアサロン◯◯◯です!」

と店側が受け応えする際に、

発しやすい

聞き取りやすい

これはとても重要。

 

私が推奨する店名のつけ方の最重要な3ポイントは、

◯「社会的役割=コンセプト=お店が目指すこと」これが店名から感じられること。

◯最も呼びたいお客様の受け取る感覚を想像し「音象」考慮すること。

◯開業者自身が最もその店名を愛し続けられるほどお気に入りであること。

 

ともすれば一生付き合う店名

決して思いつきの安易な店名にせず

しっかり時間をかけて考え抜いたものにすべきなのだ。

□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□-□

当ブログ連動・無料メルマガ【ヘアサロン開業10年後の健全な経営への道】

無料メルマガ【ヘアサロン独立開業10年後の健全運営への道】登録フォーム
お名前??*
メールアドレス??*
性別??* 男性 女性
業種??* 美容師 理容師 その他

関連記事

ページ上部へ戻る