ホームへ戻る
ホームへ戻る ヘアサロン開業アカデミー 理美容室開業実例 飲食店他開業実例 会社案内 bh代表者紹介
Neiro(音色)・開業までの足跡アルバム
   ■Neiro(音色) 店舗開業までの足跡アルバム・その2  

2010/1/5・歳が明けてしまいました。bhの今年の仕事はじめである初日がこれでした。2010年はNeiroでスタートです。今年もbhをよろしくお願いいたします!

もちろん、一番最初はコンセプトの確認からスタートします。販促アイテムの進行状況も随分順調です。

そして店舗デザイン設計の打合せに移行していきます。コンセプトに基づき、目指す方向も明確になり、果たしてどんなお店になるのか?という部分はすでにこの段階では皆一致していました。

2010年の初日だというのに夜遅くまで打合せです。窓の外はごらんのとおりですね。ところで、なんとなく写真の雰囲気が変わった気がしませんか?

随分と広い範囲で写るようになった気がしませんか?端から端までバッチリです。

bhの事務所は非常に狭いのに結構広めに写っている。以前はそうではありませんでした。1月2日にbh所有のデジカメを新しく買い換えました。狭い店舗でもしっかり撮影できるように広角タイプにしたんです!

素材選出中です。年明け早々ではありますが、結構Neiro計画も大詰めなんです。悩みますよね・・・

だからこいつが必要?ってか??もちろん必要として呼ばれているもんな!

ひとつひとつの素材に固執してはダメ、店舗の場合は、至って組み合わせが重要です。普段そんなモノの見方に慣れていないオーナーさんたちは、皆、1素材を凝視して、当惑してしまうことが多いのです。

だからこそ、プロが複数集まって多角的なアドバイスをするわけである。ただ、その複数名のプロがそれぞれ方向がバラバラであったら混乱しか生み出さないはず。プロたちはもちろん、オーナーさんも含めた全員が同じ地点を目指す為にコンセプトが重要なのである。

販促アイテムのグラフィックデザインに打合せが切り替わりました。店舗デザインだって販促アイテムだって、同じコンセプトのもと同じテイストを目指して進んでいく必要がある。そして完成時には一体感を伴いお店の訴求力を上げていくことになるのである。

ディンは、早い時期からすっかり泉地さんご夫婦に懐いてしまいました。ふと気が付くとこうして奥様に抱かれて眠っていたりします。奥様もそんな時の表情が全てを物語っていますね。

1/12・沢山の差入れをぶらさげて泉地さんご夫婦は今日もbhに来ていました。今日もがんばって行きましょう!長丁場ですからね。

繋がれたディンは、早くも奥様の膝の上を要求しているのでしょうか?

泉地さんたちは、自らのメモを取りだし、細かい要望や要求、リクエストを正確に藤井に伝えていました。

すでに、細かい寸法の検証に入っている店舗設計(細かい寸法設定はデザインではなく設計である)で、タオルの抜き出しの丸サイズを検証中。

毎度役に立っている丸穴のサンプルである。選ばれるサイズはオーナーさんによって様々なのだが、確かに多くの方が選ぶ人気の寸法が存在する。

それは、果たしてどのサイズの丸穴だと思いますか?こんな微妙な箇所でも、検証せずに進めたら、後悔はずっと残るんです。後悔の無い開業、それがbhの目指すところです。

まるで剣を扱うようにメジャーを操る藤井である。メジャーの魔術師?なんでも魔術師にすれば良いってもんじゃないか。

おお、静香さん、陽も落ちかけてきたら、遂にディンを膝の上に!さすがディンの魔術師!・・・???

素材の選出はますます白熱中!この悩みが無いのも、逆に寂しいはずです。悩みがあってこそ満足感が得られるってもの。まさに正負の法則です。

外壁の素材は一体どれにすべきか・・・

ディン、もうこの際だ、君が選びなさい!

あ〜あ〜、なんだか疲れちゃった・・・

しかし、ネバーギブアップ!こんなん、いかがでしょう?と静香さんが動き出しました!

そして今度は店内の床の素材・・・カットスペースと、シャンプースペースと・・・

ね〜、どうしようか・・・床・・・床・・・床・・・何をゆうか?・・・(爆)

音色パパ「ディン、助けてくれよ〜。僕もう決められないよ〜」音色ママ「情け無いパパね!」

ここでやっと販促物の打合せにリレーしました。気を取り直してがんばれ〜。

販促物の下書きが何パターンも作られています。その都度こうして出力し確認しあいます。

無数の色の組み合わせを確認しながら、最も好みに合い、しかもコンセプトに合致するパターンを選び出すのです。

ディン君、今回も超リラックスモードですか?カメラを向けるとカメラ目線ね。実は種明かしがあります。カメラ目線をさせる為にエサを持って撮影中ね!

実は今日で設計が承認となり、いよいよ競争見積の準備が整ったことになる。だからこそこうして深く、濃い打合せが展開されたのでした。ご苦労様でした。

1/20・この日は販促ペーパーアイテム(印刷物)のグラフィックデザインの打合せのみである。1/29にはいよいよ入札(競争見積)である。

したがって、藤井は図面の作成作業などで自分の作業場に缶詰状態。一方bhでは、こうしていつものように打合せ続行中である。

販促打合せのみであっても、じっくりと時間がかかります。毎度だけど夜のとばりが・・・

ここに来て、販促アイテムは目玉となる印刷物の用意が着々と進められていた。音色新聞である。これが一番最初の販促チラシとして町中に配られるのである。

店舗デザイン設計の打合せが無い分、ちょっとだけ余裕が感じられる音色パパ&音色ママである。

音色ママ、必殺のネックロックです。飯島の教えを忠実に守っていますね!これは総合格闘技の技で、ディンで実験中・・・申し訳ない。これ、ウソです。

店舗デザイン設計のみならず、販促アイテムのグラフィックデザインもTVモニターに映しながらリアルタイムで進行していきます。

モニターを見ながら時折、視線を天井に向け、イメージをめぐらす泉地さん、もとい、音色パパでした。

今日も本当にお疲れ様でした。もう完成も間近であり、悩みの渦中だった打合せもトンネルの出口が見え隠れし始めた感じです。そのせいか、お二人の表情は晴れていました。

3ページ目につづく>>>