失敗したくない人へ
小規模開業のススメ
Recommend a small opening

bhが何故小規模開業を勧めるのか?

1.身の丈を知る 2.収支チェック 3.目的を再確認 4.開業への覚悟

ヘアサロン開業への大きな夢だけで、自身の計画に一切の基準や規模をも持たないまま物件探しに着手する理美容師さんは非常に多いものです。

開業失敗してしまう人のほとんどは、
『今働いているサロンと似たような規模、同じような面積、同じような人員構成で、開業を進めていけば、きっと上手くいく』と勘違いしている傾向が強いのです。

今働いているお店の身の丈(サイズ)とあなたの身の丈は完全に異なるという理解が非常に重要なのです。

ご自身の身の丈を把握せずに行動し、気になる物件を見つけた段階でbhに相談にくる方は沢山いますが、その7割ぐらいの方は身の丈が合っていない物件で開業しよう思っている傾向があります。

こうしたご自身の身の丈と合わない物件での開業計画を相談してきた人達をbhは本当に多く踏みとどまらせてきました。

誰でも最初は開業の基礎知識がとぼしく、これから始める経営に関しても初心者であるという自覚が必要です。

まずは
知識(知る)→情報収集(準備する)→実行(進む)
この順番を守りましょう。

また、個人開業の場合「小規模開業」という基準を持つべきです。
(※bhでは10~20坪未満を小規模と考えます)

最初から20坪以上の開業の場合、資金借入の可能額では予算不足であったり開業後の運営で入出金のバランスを崩れ厳しい運営になる傾向があります。

とにかく最初は自分の身の丈(サイズ)を知ることが必要不可欠。
まずは自身の身の丈を知る手段からしっかり学んでいくべきです。

とにかく何をすべきかわからない方は無料相談へ

どんなことでも相談可能。時間の都合でセミナー等の専門知識や詳細アドバイスまで伝えきれません。ですが必ず解決のヒントや悩みを解消します。有料のセミナーを検討する前にまずは無料相談をご利用ください。

まずは無料相談へ